248 神の真実の愛

何度も、私は名声と地位を失ったため、消極的になり泣いた

何度も、私は自分の前途しか気にかけないことを試練によって明かされ、悲しみに押しつぶされた

何度も、頑固で反抗的で、神の裁きから抜け出そうとし、良心の咎めもなかった

何度も、悔い改める決意をしたが、故意に悪事を犯し、自分の中に罪をのさばらせた

ああ神よ、御言葉の裁きで、私の醜い魂が暴かれ

私の堕落の真相をはっきり見て、恥ずかしくて逃げ隠れできる場所もない

自分は救いようがないと決め付けていたが、御言葉でその思い違いが晴れる

何度も、サタンの試みに陥ったが、あなたはひそかに私を見守った

何度も、私は観念を抱き、あなたに背いたが、あなたは常に寛大さと忍耐を見せた

私の数々の過ちを気にも留めず、悔い改める機会を与えてくれた

ああ神よ、私は取るに足らず卑しい。それでもあなたは常に気遣ってくれる

それでもあなたの愛に報いられなければ、どうして人と呼ぶに値しようか

あなたの裁き、試練、叱責、訓練を経て、私はついにあなたの愛を知る

精錬の大きな苦痛を受けたが、私の性質は清められている

真理を実践し、あなたに従い、御前に生き、私は落ち着き、平安を得る

神を畏れて悪を避ける誠実な者となり、私は実に幸せだ

ああ神よ、あなたの裁きは愛で、そのおかげで私はあなたの大きな救いを得られた

あなたの真実の愛を体験した。永遠にあなたを愛し、従いたい

前へ: 247 ああ神よ、私の心はすでにあなたのものです

次へ: 249 あぁ神よ、あなたは私をこんなにも愛して下さる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索