神の幕屋が世に降臨した

神が再来するときは

燃える炎で定められた境界線に沿って

国々の分割は済んでいる

神は焼け付く太陽、聖なる者として現われ

ヤーウェがユダヤを歩いたように諸国を歩く

雲の柱により人を生活の中で導く

聖なる地に神が現われ

人はその栄光を見る

神の義なる日 栄えある出現を見る

それは神が地球を統治するとき起こる

人はひれ伏し

彼らの間には今日神が為す働きの岩の上に幕屋が建てられる

神は汚れた祭壇を壊して新たにし

人は神殿で仕え

子羊と子牛が祭壇に積まれる

神が大いなる栄光を受ける日を

神殿を倒して新たに建てる日をあなた方は見る

神の幕屋が地上に来るのを見る

それは神の降臨を人が見るかのようなものである

神は国々を打ち砕いたあと新たに集め

新たに神殿を建てて祭壇を作る

皆がいけにえを捧げて仕え

異邦人の国での神の働きに献身する

祭司の衣と冠を着け

今日のイスラエルの民に似る

彼らの中には神の栄光がある

そして神の威厳は彼らと共にある

神はイスラエルでしたように

異邦人の国でも働く

イスラエルでの業を発展させ

異邦人の国に広める

人はひれ伏し

彼らの間には今日神が為す働きの岩の上に幕屋が建てられる

神は汚れた祭壇を壊して新たにし

人は神殿で仕え

子羊と子牛が祭壇に積まれる

神が大いなる栄光を受ける日を

神殿を倒して新たに建てる日をあなた方は見る

神の幕屋が地上に来るのを見る

それは神の降臨を人が見るかのようなものである

『言葉は肉において現れる』の「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」より編集

前へ: 神は勝利と共に戻って来た

次へ: 神の現れが持つ意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索