神の幕屋が世に降臨した


神が再来するとき 神の燃える炎によって定められた境界線に沿って

国々は分断されているだろう

彼は焼け付く太陽、聖なる者として現われ、

ヤーウェがユダヤ諸部族の中を歩いたように 諸国の中を歩く

雲の柱によって 人を生活の中で導く

人々は神の栄光を見る 聖なる地に神が現われるから

人々は神の義なる日、栄えある出現を見る 

神が地球を統治し 子らを栄光に至らせる時


人はひれ伏し 人々の間に幕屋が建てられる

神が今日為している業という岩の上に

神は汚れた祭壇を打ち壊し 新たに建てる

人は神殿で神に仕え

子羊と子牛が祭壇に積まれる

あなた方は 神が大いなる栄光を受ける日を

彼が神殿を倒して新たに建てる日を見る

彼の幕屋が地上に来るのを見る

それは彼が降りてくるのを人が見る時と同様である


神は国々を打ち砕いたあと新たに集め

神殿を建てて祭壇を作る

誰もがいけにえを捧げて神に仕え

異邦人の国々の中でその働きに自らを捧げる

彼らはみな今日のイスラエルのようになる

祭司の衣と冠を身につけ

彼らのただ中には神の栄光がある

神の威厳が 彼らと共に 共にある


人はひれ伏し 人々の間に幕屋が建てられる

神が今日為している業という岩の上に

神は汚れた祭壇を打ち壊し 新たに建てる

人は神殿で神に仕え

子羊と子牛が祭壇に積まれる

あなた方は 神が大いなる栄光を受ける日を

彼が神殿を倒して新たに建てる日を見る

彼の幕屋が地上に来るのを見る

それは彼が降りてくるのを人が見る時と同様である


神はイスラエルの地で働いたのと同じように

異邦人の国々中で働く

神はイスラエルでの働きを広げ

異邦人の国々に広げるから


人はひれ伏し 人々の間に幕屋が建てられる

神が今日為している業という岩の上に

神は汚れた祭壇を打ち壊し 新たに建てる

人は神殿で神に仕え

子羊と子牛が祭壇に積まれる

あなた方は 神が大いなる栄光を受ける日を

彼が神殿を倒して新たに建てる日を見る

彼の幕屋が地上に来るのを見る

それは彼が降りてくるのを人が見る時と同様である

彼が降りてくるのを見るその時に

彼が降りてくるのを見るその時に その時に

彼が降りてくるのを見るその時に その時に

『言葉は肉において現れる』の「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」より編集

前へ: 神の国を迎える祝砲が鳴り響くとき

次へ: 神は栄光と共に世界の東に現れた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神は決意のある者を好む

我らは一つの決意をするべきだ 我らは一つの決意をするべきだ たとえ状況や問題が厳しく 消極的になったり弱くなったりしても 我らは古い性質の変化において 信仰を失ってはならない 神の語ってきた言葉の中で 確信を失ってはならない 神は人に約束を与えた 人がそれを受けるためには決意…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索