302 神の御業は測り知れない

1

我々はあなたのご威光が天高くそびえるのを見ます。

我々は畏敬の念なしには御前に出られません。

誰があなたの御心を知り、あえて御怒りを感じることが出来るでしょうか?

誰があなたのご威光を望み、それはいつ訪れるのでしょうか。

我々はここに伏し、あなたの御手の中で憩い、

あなたの怒りは我々を恐れさせますが、

母の愛のようなあなたの愛の中にひたっています。

あぁ、あなたは我々がお慕いする母であり、

我々が愛し、尊敬する父です。

我々の心はあなたから隠れますが、遠く離れる勇気はありません。

そして、あぁ、我々は心の中であなたを身近に感じます。

我々はあなたをとても近くに感じます。

知らないうちに我々はあなたが測り知れない方であることを感じ取ります。

すると我々は遠くからあなたを畏敬することしか出来ません。

我々は遠くからあなたを畏敬するしかありません。

2

我々の心はあなたを愛しますが、それなのに我々はまだあなたを恐れています。

言葉が何の役に立つでしょうか?

人間の感情がどうしてこのような気持ちを表現出来るでしょうか?

我々に出来ることは空っぽの手で、あなたの御前に出て、

子どものように恐れながら、あなたに懇願するしかないのです。

あなたは何であれ、我々の必要を満たして下さる。

尽きることのない賛美が我々の喜びの心から湧き上がる。

あぁ、あなたは何の要求も不満もなく、無私無欲で全てを与えて下さった。

あなたの御顔を見ることは、めったにないのに、我々はすでにあなたから全てを得ました。

あぁ、我々自身のうちには不純なものたくさんあるが、

あなたはずっと昔から我々の全存在を得ておられます。

あぁ、どうして肉の目が、ずっと昔に完成された真理を見ることが出来るでしょう。

あなたがずっと昔の日に完成された真理を。

3

はるか昔から、世界の隅々まで

全ての事があなたの目には露わにされています。

我々は沈黙し、あなたに勝る者は誰ひとりいない。

なぜなら、あなたの御言葉は尽きることなく、常に流れ続けるから。

又、あなたの富がどんなに膨大か、言える者はいない。

あなたのこの上ない素晴らしさを簡単な言葉で称えられる者がいましょうか?

又、あなたの柔和さを軽々しく歌える者がいましょうか?

あぁ、あなたはある時は我々から遠ざかり、次の瞬間には我々の只中におられ、

遠のいたり、寄り添ったり、ある時は遠くに、又ある時は近くにいらっしゃる。

あぁ、あなたの足跡も、影さえ見た者もいません。

我々に残ったのは、楽しい思い出だけ。

あぁ、甘い。何と甘いことか!いつまでも続くこの味は!

あぁ、何と甘いことか!いつまでも続くあなたの臨在の味は!

4

あなたは天と地を張り巡らされる。

誰があなたの御業の広大さを知っているでしょうか。

我々には砂浜の砂のたった一粒しか見えず、

あなたの仰せをただ静かに待ちます。

蟻のように取るに足らない我々を

どうしていと高きあなたと比較できるでしょうか。

あぁ、あなたが我々を精錬されるのは、何と豊かな憐みでしょうか。

ああ、我々はあなたの憐みの中に義が隠されているのを見る。

あぁ、あなたの聖なるご威光の中に隠された義、

それが、あなたの愛と御業の中に隠されているのを見ます。

あぁ、誰があなたの御業を数えられるでしょうか。それはあまりにも多すぎます。

あぁ、誰がそれらを数えられるでしょうか。それは実に多いのです。

あぁ、誰があなたの御業を数えられるでしょうか。それはあまりにも多すぎます。

あぁ、誰がそれらを数えられるでしょうか。それは実に多いのです。

前へ: 301 いつも私の心に宿るあなた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索