191 神の言葉が私の心を目覚めさせた

1

長年神を信じ 集会によく参加して神の言葉を読んだけれど

御言葉の裁きを受け入れて 自分を分析して省みることはなかった

自分の堕落を認めるだけで 自分の本性も本質も知らなかった

少し教義を理解して自慢し それが現実だと思っていた

働き説教したが 神の言葉を実践し 経験することは気に留めなかった

パウロのように 評判と地位のために働くことしか知らなかった

仰ぎ見られて崇拝されることを喜び 心は恐れを知らなかった

自分のやり方にこだわりながら 自惚れていて何も悟らなかった

2

失敗と挫折を経験して初めて 自分の本当の背丈がはっきり見えた

神の言葉の裁きと刑罰に直面しても 反論して弁解するだけだった

真理は人のいのちに有益だと知っていたけれど 受け入れられず服従もできず

真理の原則をもたずに本分を尽くし 欲望のままに振る舞った

小さな挫折に遭遇すると 消極的で弱くなり 自分をこうだと決めつけた

試練を経て自分の背丈の未熟さを知り 貧しく哀れだとわかった

自分を知らずに 自己顕示したのは恥ずかしいこと

事実を突きつけられて恥ずかしくなり 高ぶっていた頭を下げた

3

神の裁きと試練と暴露を経験して いまは自分を知っている

外からは立派に振る舞っているように見えるが 心には神への畏れがない

心の中では神の働きについての観念にしがみつき 本当に服従できないでいる

サタンの性質に満ちた私は いまだ偽善的に振る舞って神を騙し 神に抵抗する

何年も信じてきたのに真理もいのちも得ていないのは まったく恥ずかしいことだ

真理を追求しないでいるのは時間の浪費であることを ようやく理解した

神様の裁きと刑罰がなければ 真に悔い改めることはできない

もっと私を裁き 罰し 試し 精錬してくださるよう神に願う

サタンの性質が清められ 人間らしく生きて神に栄光を帰すことができるように

前へ: 190 裁きが心を目覚めさせた

次へ: 192 神の裁きは私を罪から救う

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索