神の言葉が私の心を目覚めさせた

長年神を信じ 集会によく参加して神の言葉を読んだけれど

御言葉の裁きを受け入れて 自分を分析して省みることはなかった

自分の堕落を認めるだけで 自分の本性も本質も知らなかった

少し教義を理解して自慢し それが現実だと思っていた

働き説教したが 神の言葉を実践し 経験することは気に留めなかった

パウロのように 評判と地位のために働くことしか知らなかった

仰ぎ見られて崇拝されることを喜び 心は恐れを知らなかった

自分のやり方にこだわりながら 自惚れていて何も悟らなかった

失敗と挫折を経験して初めて 自分の本当の背丈がはっきり見えた

神の言葉の裁きと刑罰に直面しても 反論して弁解するだけだった

真理は人のいのちに有益だと知っていたけれど 受け入れられず服従もできず

真理の原則をもたずに本分を尽くし 欲望のままに振る舞った

小さな挫折に遭遇すると 消極的で弱くなり 自分をこうだと決めつけた

試練を経て自分の背丈の未熟さを知り 貧しく哀れだとわかった

自分を知らずに 自己顕示したのは恥ずかしいこと

事実を突きつけられて恥ずかしくなり 高ぶっていた頭を下げた

神の裁きと試練と暴露を経験して いまは自分を知っている

外からは立派に振る舞っているように見えるが 心には神への畏れがない

心の中では神の働きについての観念にしがみつき 本当に服従できないでいる

サタンの性質に満ちた私は いまだ偽善的に振る舞って神を騙し 神に抵抗する

何年も信じてきたのに真理もいのちも得ていないのは まったく恥ずかしいことだ

真理を追求しないでいるのは時間の浪費であることを ようやく理解した

神様の裁きと刑罰がなければ 真に悔い改めることはできない

もっと私を裁き 罰し 試し 精錬してくださるよう神に願う

サタンの性質が清められ 人間らしく生きて神に栄光を帰すことができるように

前へ: 裁きが心を目覚めさせた

次へ: 神の裁きは私を罪から救う

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索