人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故

みずから人を導く

救うからには神は人を救い完全に得る

神は人を導くが故

人を連れて行く

人を正しい方へ連れて行く

創り救うからには

神は人の前途や運命の

全ての責任を負わなければならない

これが創造主によってなされた業

もし人類の将来を奪えば

征服の業は成し遂げられるが

終わりには

神が用意した正しい行き先へ導かれるだろう

人に働きかけるのはそれが神であるが故

人には行く先があり

その運命は確かである


人が求め望むのは目指すべき場所より

肉の贅沢な欲望と共に持つあこがれ

神が用意したものは

人が清められた時に与えられるべき祝福と約束

神は創世の後

それを人のために用意した祝福や約束は

人の想像、観念、選択や肉によりけがされていない

この行き先は

特定の人だけに用意されたものではなく

全人類の安息の地である

全人類の安息の地である

最もふさわしい行き先

人類にふさわしい行き先

最もふさわしい目的地

人類にふさわしい行き先


『言葉は肉において現れる』の「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より

前へ: 人を救う神の意図は変わることがない

次へ: 人への神のあわれみ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉に…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索