神は人を最大限度まで救う

今回、神は人々を打ち倒すために来たのではなく、可能な最大限度まで人を救うために来ました。過ちを一切犯さない人がいますか。一人残らず打ち倒されるなら、どうしてそれを「救い」と呼べるでしょうか。故意に犯された過ちもあれば、意図せず犯された過ちもあります。意図せずしたことについて言えば、それに気づいたあとであなたが変われるなら、神はあなたが変わる前にあなたを打ち倒すでしょうか。神がそのような形で人を救うなどあり得ますか。あなたが意図せず過ちを犯したか、あるいは反抗的な本性から過ちを犯したかにかかわらず、次のことを憶えておきなさい。過ちを犯したあと、あなたは急いで現実に目覚め、前進しなければなりません。どんな状況が起ころうとも、あなたは前進しなければならないのです。

神が行なっている働きは救いの働きであり、救おうとしている人々を不用意に打ち倒すことはありません。あなたがどの程度変われるかにかかわらず、たとえ神が最後にあなたを打ち倒したとしても、それは義をもってなされるはずです。そしてその時になれば、神はあなたに理解させるでしょう。いま、あなたがたは真理を求めること、いのちの入りに集中すること、本分を尽くそうとすることに注意すべきです。そのことに間違いはありません!最終的に、神がどのようにあなたを扱おうと、それは常に義をもってなされます。あなたはそれを疑ってはならず、心配する必要はありません。いま神の義を理解できなくても、いつか納得する日がやって来ます。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 神を知らないならあなたはたやすく神に背く

次へ: 性質の変化の過程

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶまで…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の超…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索