神は今なお私たちを愛している

受肉した神は人類のところに来て、長い間謙って隠れて働き、

人間の苦しみを自ら体験し、世の苦みも甘みも味わった。

神は数えきれない春夏秋冬を経て教会を巡り歩いてきた。

私たちを清めサタンから救うために真理を表してきた。

キリストに対面した今、ようやく私たちは神こそが真理であるのを見た。

私たちの心は神により呼び覚まされ、自分たちがいかに深く堕落しているかを知った。

この救いの機会を得られたのは神の忍耐強さと寛大さのおかげ。

私たちは神の救いの偉大さを体験する。神は真に私たちの愛と讃美に値する。

人類に救いをもたらすため、神はあらゆる種類の苦痛を受け、血と汗と涙を流された。

過去の光景は忘れ難く、人に対する神の愛は測り知れない。

弱った時、神は私を支えた。心が痛む時、御言葉は私に慰めをもたらした。

傲慢になった時、神は私を懲らしめて律し、今日にいたるまで一歩ずつ私を導いた。

神は何度も威厳に満ちた裁きを下し、私たちを刈り込み取り扱い、

堕落した私たちを清めた。真の人間として生きられるようにと。

私たちは試練と苦難を経験したが、神が私たちとともにあり、寄り添い導いた。

神とともに私たちはサタンに打ち勝った。神の大いなる救いに感謝あれ。

神は今なお私たちを愛している。どうして神の期待を裏切ることができようか。

私は神の忠告を忘れず、神の心を慰めるため最善を尽くして本分を尽くそう。

あらゆる試練と苦痛に進んで耐えて、神のために力強く証ししながら。

神を愛する道は落とし穴や罠だらけで、悲観に陥るかもしれないが、私はまた立ち上がる。

どんなに大きな挫折に遭おうと、私は一切不平も後悔もなく、いつも神を愛する。

前へ: 私たちは終わりの日のキリストの証し人

次へ: 神はずっと人を見守ってきた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索