288 神は今なお私たちを愛している

受肉した神は人類のところに来て、長い間謙って隠れて働き、

人間の苦しみを自ら体験し、世の苦みも甘みも味わった。

神は数えきれない春夏秋冬を経て教会を巡り歩いてきた。

私たちを清めサタンから救うために真理を表してきた。

キリストに対面した今、ようやく私たちは神こそが真理であるのを見た。

私たちの心は神により呼び覚まされ、自分たちがいかに深く堕落しているかを知った。

この救いの機会を得られたのは神の忍耐強さと寛大さのおかげ。

私たちは神の救いの偉大さを体験する。神は真に私たちの愛と讃美に値する。

人類に救いをもたらすため、神はあらゆる種類の苦痛を受け、血と汗と涙を流された。

過去の光景は忘れ難く、人に対する神の愛は測り知れない。

弱った時、神は私を支えた。心が痛む時、御言葉は私に慰めをもたらした。

傲慢になった時、神は私を懲らしめて律し、今日にいたるまで一歩ずつ私を導いた。

神は何度も威厳に満ちた裁きを下し、私たちを刈り込み取り扱い、

堕落した私たちを清めた。真の人間として生きられるようにと。

私たちは試練と苦難を経験したが、神が私たちとともにあり、寄り添い導いた。

神とともに私たちはサタンに打ち勝った。神の大いなる救いに感謝あれ。

神は今なお私たちを愛している。どうして神の期待を裏切ることができようか。

私は神の忠告を忘れず、神の心を慰めるため最善を尽くして本分を尽くそう。

あらゆる試練と苦痛に進んで耐えて、神のために力強く証ししながら。

神を愛する道は落とし穴や罠だらけで、悲観に陥るかもしれないが、私はまた立ち上がる。

どんなに大きな挫折に遭おうと、私は一切不平も後悔もなく、いつも神を愛する。

前へ: 287 私たちは終わりの日のキリストの証し人

次へ: 289 神はずっと人を見守ってきた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索