875 神は受肉して人の代わりに苦しむ

1 神は人に代わって苦しむために受肉し、それから来たるべき素晴らしい終着点を人類にもたらす。イエスが完了した働きの段階は、神が罪深い肉の姿をとり、十字架にかけられ、罪の捧げ物となって全人類を贖うだけだった。それによって、人類が将来素晴らしい終着点に入る基礎を築いたのである。主は人の罪を自ら背負って十字架にかけられ、罪の捧げ物となり、その後人類は贖われた。つまりそのことは、人間が罪を赦されて神の前に出られることの証しであり、さらにはサタンとの戦いにおける対抗手段となる。

2.終わりの日、神は働きを終えて古い時代に幕を下ろし、残る人間を素晴らしい終着点へと導く。ゆえに神は再び肉となり、人を征服することに加え、人に代わって多少の苦しみに耐えるべく来たのである。全人類の苦しみはこの証し、この業によって取り除かれる。そこには神が自らの証しをすること、およびその証しを使ってサタンを打ち負かし、悪魔に恥をかかせ、人類の素晴らしい終着点をもたらすことがかかわっている。

3. 受肉した神は、働きを行い、この世の苦難を受けるために来た。神がその働きを行なうのが重要であり、人類とその将来の終着点にとって不可欠である。それはひとえに、人類に救いをもたらし、人を得るためになされる。それらの業がなされ、そうした努力が費やされるのは、人類の素晴らしい終着点のためである。人間の苦しみを味わうことで神が人を連れ戻すと、サタンにはもはや人間に対して利用できるものが何もなく、人類は完全に神のもとに立ち返る。そのとき初めて、人間は完全に神のものになったと見なされる。

『キリストの言葉の記録』の「神がこの世界の苦しみを経験することの意義」より編集

前へ: 874 神が人のためになすことはすべて誠実

次へ: 876 神が人の痛みを経験することには深い意義がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索