神は御心を行うできる者を切望している


神の働きと計画が進むと 

神は自らが創造した地を

二度と洪水によって滅ぼさないというしるしである虹・・

つまり 契約を送った後に

神と心を一つにして

地上で神の意志を果たし

闇の力から 抜け出す事ができる者を得たいと切に願った

神はサタンに 縛られていない者を

神を証しする事ができる者を 獲得したいと思っている

これが長く神が願い続けた事であり

全ての始まり以来ずっと 神が待ち続けた事である


神の地上を滅ぼす洪水と 神の人との契約にかかわらず

神の心や考え 神の計画は同じままである

神が ずっとやりたかった事

全ての創造以前から 切に願っていた事は

神が得たいと願い

神の心と性質を知る者を得ることなのだ

神を賛美し 神を証しする事ができる者

彼らこそ神と心を分かち合える神の友である・・友である

神はサタンに 縛られていない者を

神を証しする事ができる者を 獲得したいと思っている

これが長く神が 願い続けた事であり

全ての始まり以来ずっと 神が待ち続けた事である

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 2」より編集

前へ: 神は全ての望みを人に置く

次へ: 人間への神の期待は変わったことがない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索