神は御心を行うできる者を切望している

神の働きと計画が進むと 

神は自らが創造した地を

二度と洪水によって滅ぼさないというしるしである虹・・

つまり 契約を送った後に

神と心を一つにして

地上で神の意志を果たし

闇の力から 抜け出す事ができる者を得たいと切に願った

神はサタンに 縛られていない者を

神を証しする事ができる者を 獲得したいと思っている

これが長く神が願い続けた事であり

全ての始まり以来ずっと 神が待ち続けた事である

神の地上を滅ぼす洪水と 神の人との契約にかかわらず

神の心や考え 神の計画は同じままである

神が ずっとやりたかった事

全ての創造以前から 切に願っていた事は

神が得たいと願い

神の心と性質を知る者を得ることなのだ

神を賛美し 神を証しする事ができる者

彼らこそ神と心を分かち合える神の友である・・友である

神はサタンに 縛られていない者を

神を証しする事ができる者を 獲得したいと思っている

これが長く神が 願い続けた事であり

全ての始まり以来ずっと 神が待ち続けた事である

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 2」より編集

前へ: 神は全ての望みを人に置く

次へ: 人間への神の期待は変わったことがない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索