人の子が栄光と共に現れた


神の出現は既に諸教会の中に現れている

語るのは霊で

彼は燃え盛る火であり

威厳をもって裁く

彼はまことに人の子で

足まで垂れた衣を着ている

胸には金の帯

頭と髪は羊の毛のように白い

彼の目は炎

足は炉の中の真鍮のようで

声は大水のように轟く

右手に七つの星

口には両刃の剣

顔は太陽のように輝く

全能なる神は

頭からつま先まで

血も肉もない霊の体で現れる

宇宙を超越し

第三の天にある高き

栄光なる玉座から全てを支配する


人の子が証しされ

神は全ての者に明らかにされる

太陽が燦燦と輝くように神の栄光が現れる

神の栄光なる顔は眩しく輝き目をくらませる

反抗的な者はなく

抵抗する者は必ず死ぬだろう

思いや言葉、行動において抵抗しようと

憐れみは全く示されない

そしてあなた方は見ることになるだろう

得るのは裁きだけであることを


宇宙にある万物は神の手中にあり

神が語れば事は起こり

神が定めればそれは成る

サタンは足の下

底なしの穴の中にいる

神はすべての悪に打ち勝ったのだ

神の声で世界は無に帰り

天と地が過ぎ去り

万物は新たになるだろう

これは変えられない

神は世界に打ち勝ち

今ここに座り語っている

耳のある者はそれを聞き

生ける者はそれを受け入れるべきだ

全能なる神は

頭からつま先まで

血も肉もない霊の体で現れる

宇宙を超越し

第三の天にある高き

栄光なる玉座から全てを支配する

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第十五章」より編集

前へ: 讃美がシオンに到来した

次へ: 全能神は義の太陽として現れる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索