あなたは私の心の中に

私が故郷を離れ 本分を尽くす時

あなたを思い 祈ります

御言葉を読むと

あなたへの信頼は強まり

私の心はなだめられます

あなたを証しするため 大きな苦痛を味わい

あなたの美しさをさらに深く知るのです

あなたに従い 私は最後まで歩き続けます

あなたが御姿を変えられる時

私たちはあなたの再来を歓迎するでしょう

あなたの再来を歓迎するでしょう


私を養い 人生を与えるのは

あなたの御言葉です

あなたの愛を思えば 心は喜び

全身に力がみなぎります

私は全てを捨てて

あなたのために尽くします

私を高く上げて下さるのはあなたです

あなたに従い 私は最後まで歩き続けます

あなたが御姿を変えられる時

私たちはあなたの再来を歓迎するでしょう

あなたの再来を歓迎するでしょう


困難や旅の続く生活も苦ではありません

あなたが共におられるから

御顔が見えずとも

あなたを愛し 心の中にはあなたがおられます

あなたの愛は私の心にすでに根付きました

私は永久に忠誠を尽くします

あなたに従い 私は最後まで歩き続けます

あなたが御姿を変えられる時

私たちはあなたの再来を歓迎するでしょう

あなたの再来を歓迎するでしょう

ああ、歓迎するでしょう

ああ、歓迎するでしょう

前へ: 再臨

次へ: 家に帰る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索