悔いのない選択

中共によるクリスチャンの逮捕と迫害がますます野蛮になるとき

街が暗い恐怖に満ち、私がどこでも逃げられる所へ逃げるとき

自由が陰気な牢獄に投げ込まれるとき

私に伴なうのは長い苦痛の夜だけであるとき

私の神への信仰は揺るがない

私の主、私の神を決して裏切らない

全能なる真の神、私の心はあなたのもの

監禁は私の体しか支配できない

あなたに付き随う私の歩みは止められない

つらい苦しみ、でこぼこの道

あなたの言葉の導きがあり、私の心には恐れがない

あなたの愛がともにあり、私の心は満たされる

中共の悪魔の残酷な拷問が酷さを増すとき、

焼きつくような痛みが何度も私を襲うとき

肉の弱さと苦痛が絶頂に達するとき

最後に私の命も奪われようとするとき

それでも私は赤い大きな竜に決して屈しない

決してユダには、神への恥辱の印にはならない

全能なる真の神、私は死に至るまであなたに忠実でいる

悪魔は私の肉体だけを苦しめ傷付けることしかできない

生も死も永遠にあなたの支配下にある

私はすべてを棄ててあなたを証しする

それがサタンに恥辱をもたらすなら、私はおとなしく死ぬであろう

あなたを証して生きるのは栄誉なことだ

今生でキリストに付き随い、神を愛することを追い求めるのは何と光栄だろう

心と魂をもって、私は神に報いる。神を証しするために、喜んで一切を投げ出す。

自分の全存在を神に捧げることは、この生涯で決して悔いることのない選択だ

前へ: 神の愛があるから、恐れない

次へ: いのちの証し

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索