心からの悔い改め

眠れぬ夜 たくさんの記憶が脳裏に浮かぶ

長年信者であった私は

それでも世界の流行を追っていた

自分の罪は赦されていたが

それでも肉の欲望のままに任せていた

一生懸命に働きさえすれば

主から見捨てられないと思っていた

神の声を聞き 主が現れたことを知った私は

神の前に引き上げられ

天国に与ることができると思っていた

私は決して神の言葉の裁きと啓示を受け入れず

自分を省みることはなかった

欲望に従い 意のままに振る舞い

神の言葉を見くびってきた

神の言葉についての交わりでは

教義を口にするだけで、自分はよくやったと感じていた

刈り込みと取り扱いの時には 抵抗し言い訳をした

試練に悩まされた時には いつも逃げ出したかった

私は神の救いを知らなかった

今では自分が真理をまったく求めていなかったことが分かる

神の言葉から遠く道を外れ

無限の闇に落ちていた

神の臨在を感じられない私は

心に恐れと不安を抱く

神を失いたくない気持ちに恐れ震えながら

私は神の前にひれ伏す

神の心が変わるのを待ち望みながら

神の言葉を読み 神に祈る


ああ神よ 悔い改める私の心の叫びが聞こえるでしょうか

あなたの臨在を失うことは

なんと暗く苦しいことでしょう

心にあなたの言葉がなければ

何の光もありません

私は堕落した性質の中で生き

サタンが私をもてあそぶ

ああ神よ 私は悔い改め 一からやり直したい

もっと裁きと刑罰を与えてくださるよう願います

たとえより厳しい試練や精錬が訪れても

あなたの前で生きられる限り

私はどんな苦痛にも耐えられる

こんなに深く堕落した私は

あなたの裁きなしには清められません

私をサタンから救ってくれるのは裁きだけ

ああ神よ 私は裁きと刑罰が愛であることを体験しました

あなたの言葉は真理であり

道であり いのちです

最後まで あなたの足跡に付き随います

目の前の道がどんなに険しくとも

断固として付き随い

生涯あなたに奉仕します

前へ: ご機嫌取りの目覚め

次へ: 神の言葉は光

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能の…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索