神の言葉を受け入れて経験を深めなさい

神の言葉を進んで受け入れれば受け入れるほど、人間は一層啓かれ、神に関する認識に飢え渇いて、それを追求するようになる。神の言葉を受け容れる者だけが、より深く、より豊かな体験をすることができる。このような者だけが、そのいのちを益々開花させることができるのである。いのちを追求する者は誰でも、あたかもそれが自分の職であるかのように扱わなければならない。また、神無しには生きることができず、成功は一切有り得ず、全ては虚無である、という感情を抱かなければならない。聖霊の臨在無くしては一切行動せず、何の結果も得られないなら進んで何もしようとしない、という決意がなければならない。自分の欲しいままに振舞ってはならない。いのちの体験は神の啓示と導きを通してもたらされ、それらはまた、あなたがた自身による努力の結実でもある。あなたがたは、いのちの体験において、自分自身に言い訳をしないことを必須とすべきである。


『言葉は肉において現れる』の「適正な状態の中に入る方法」より編集

前へ: 真理を求めて困難を解決せよ

次へ: 万事において真理を求め進歩せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと…

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索