神の言葉を受け入れて経験を深めなさい

神の言葉を進んで受け入れれば受け入れるほど、人間は一層啓かれ、神に関する認識に飢え渇いて、それを追求するようになる。神の言葉を受け容れる者だけが、より深く、より豊かな体験をすることができる。このような者だけが、そのいのちを益々開花させることができるのである。いのちを追求する者は誰でも、あたかもそれが自分の職であるかのように扱わなければならない。また、神無しには生きることができず、成功は一切有り得ず、全ては虚無である、という感情を抱かなければならない。聖霊の臨在無くしては一切行動せず、何の結果も得られないなら進んで何もしようとしない、という決意がなければならない。自分の欲しいままに振舞ってはならない。いのちの体験は神の啓示と導きを通してもたらされ、それらはまた、あなたがた自身による努力の結実でもある。あなたがたは、いのちの体験において、自分自身に言い訳をしないことを必須とすべきである。

『言葉は肉において現れる』の「適正な状態の中に入る方法」より編集

前へ: 真理を求めて困難を解決せよ

次へ: 万事において真理を求め進歩せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索