神の言葉の裁きを受け入れるには

自分を知るためには、自分自身の堕落した本質、致命的な弱点、性質、そして本性の本質を認識しなければならない。また、あなたの日常生活にあらわれる物事、つまり集会に出ている時であれ、神の言葉を飲み食いしている時であれ、あるいは特定の問題に遭遇したときであれ、一つひとつの物事に対する自分の動機、見方、そして態度を一つ残らず認識する必要もある。あなたはこれらのことから自分を認識することができる。より深く自分を認識するには、神の言葉にしたがってそうする必要がある。成果を挙げるには、神の言葉を基に自分を認識しなければならない。

神の言葉の裁きを受けるとき、苦しみを恐れたり、痛みを心配したりしてはいけない。まして、神の言葉が自分の心を刺し通すのではないかと恐れてはいけない。神が私たちをどのように裁いて罰するか、私たちの堕落した本質をどのように暴くかについて、私たちは神の発する言葉をもっと読むべきだ。それを読み、もっと自分に照らし合わせなければいけない。他人と神の言葉を比べてはいけない。自分自身と神の言葉を比べなさい。私たちにはこうした事柄がどれもありますが、私たちは誰しもそれと向き合うことができる。神の言葉の一言一句が耳に心地よいかどうか、自分に苦みや甘さを感じさせるかどうかはどうでもいいことを、私たちはまず知らなければならない。私たちは神の言葉を残らず受け入れなければならないのだ。これが神の言葉に対してもつべき態度である。

私たちは神への信仰の中で、神の言葉が真理であることを認めなければならない。それは実際に真理なのだから、理知的に受け入れなければならない。それを認識したり認めたりすることができようとできまいと、私たちの態度はまず、神のすべての言葉に対する例外なき受容の態度でなければならない。神の言葉は奥深いものである。その一言一句の中で神が明らかにしている事柄は、人の堕落した性質と、人のいのちの中にある、根深く本質的な物事であり、外面的な見かけではなく、外面的な振る舞いでは特にない。ゆえに、外見をもって自分と神の言葉を比較することはできないのである。

『キリストの言葉の記録』の「真理を追求する重要性とその道」より編集

前へ: 君たちは神の嗣業を受け取る者

次へ: どのように真理を受け入れるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索