神の言葉の裁きを受け入れるには

自分を知るためには、自分自身の堕落した本質、致命的な弱点、性質、そして本性の本質を認識しなければならない。また、あなたの日常生活にあらわれる物事、つまり集会に出ている時であれ、神の言葉を飲み食いしている時であれ、あるいは特定の問題に遭遇したときであれ、一つひとつの物事に対する自分の動機、見方、そして態度を一つ残らず認識する必要もある。あなたはこれらのことから自分を認識することができる。より深く自分を認識するには、神の言葉にしたがってそうする必要がある。成果を挙げるには、神の言葉を基に自分を認識しなければならない。

神の言葉の裁きを受けるとき、苦しみを恐れたり、痛みを心配したりしてはいけない。まして、神の言葉が自分の心を刺し通すのではないかと恐れてはいけない。神が私たちをどのように裁いて罰するか、私たちの堕落した本質をどのように暴くかについて、私たちは神の発する言葉をもっと読むべきだ。それを読み、もっと自分に照らし合わせなければいけない。他人と神の言葉を比べてはいけない。自分自身と神の言葉を比べなさい。私たちにはこうした事柄がどれもありますが、私たちは誰しもそれと向き合うことができる。神の言葉の一言一句が耳に心地よいかどうか、自分に苦みや甘さを感じさせるかどうかはどうでもいいことを、私たちはまず知らなければならない。私たちは神の言葉を残らず受け入れなければならないのだ。これが神の言葉に対してもつべき態度である。

私たちは神への信仰の中で、神の言葉が真理であることを認めなければならない。それは実際に真理なのだから、理知的に受け入れなければならない。それを認識したり認めたりすることができようとできまいと、私たちの態度はまず、神のすべての言葉に対する例外なき受容の態度でなければならない。神の言葉は奥深いものである。その一言一句の中で神が明らかにしている事柄は、人の堕落した性質と、人のいのちの中にある、根深く本質的な物事であり、外面的な見かけではなく、外面的な振る舞いでは特にない。ゆえに、外見をもって自分と神の言葉を比較することはできないのである。

『キリストの言葉の記録』の「真理を追求する重要性とその道」より編集

前へ: 君たちは神の嗣業を受け取る者

次へ: どのように真理を受け入れるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索