神の言葉の裁きを受け入れるには

自分を知るためには、自分自身の堕落した本質、致命的な弱点、性質、そして本性の本質を認識しなければならない。また、あなたの日常生活にあらわれる物事、つまり集会に出ている時であれ、神の言葉を飲み食いしている時であれ、あるいは特定の問題に遭遇したときであれ、一つひとつの物事に対する自分の動機、見方、そして態度を一つ残らず認識する必要もある。あなたはこれらのことから自分を認識することができる。より深く自分を認識するには、神の言葉にしたがってそうする必要がある。成果を挙げるには、神の言葉を基に自分を認識しなければならない。

神の言葉の裁きを受けるとき、苦しみを恐れたり、痛みを心配したりしてはいけない。まして、神の言葉が自分の心を刺し通すのではないかと恐れてはいけない。神が私たちをどのように裁いて罰するか、私たちの堕落した本質をどのように暴くかについて、私たちは神の発する言葉をもっと読むべきだ。それを読み、もっと自分に照らし合わせなければいけない。他人と神の言葉を比べてはいけない。自分自身と神の言葉を比べなさい。私たちにはこうした事柄がどれもありますが、私たちは誰しもそれと向き合うことができる。神の言葉の一言一句が耳に心地よいかどうか、自分に苦みや甘さを感じさせるかどうかはどうでもいいことを、私たちはまず知らなければならない。私たちは神の言葉を残らず受け入れなければならないのだ。これが神の言葉に対してもつべき態度である。

私たちは神への信仰の中で、神の言葉が真理であることを認めなければならない。それは実際に真理なのだから、理知的に受け入れなければならない。それを認識したり認めたりすることができようとできまいと、私たちの態度はまず、神のすべての言葉に対する例外なき受容の態度でなければならない。神の言葉は奥深いものである。その一言一句の中で神が明らかにしている事柄は、人の堕落した性質と、人のいのちの中にある、根深く本質的な物事であり、外面的な見かけではなく、外面的な振る舞いでは特にない。ゆえに、外見をもって自分と神の言葉を比較することはできないのである。

『キリストの言葉の記録』の「真理を追求する重要性とその道」より編集

前へ: 神が何をしようと、それはひとえに人を救うため

次へ: 刈り込みと取り扱いを経験するのは最も有意義なこと

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを衰…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても 創造主による運命の支配を知らずに 認識もしなければ ああ、運命だけ信じても 創造主による運命の支配に従わず 受け入れもしないなら 人生は悲劇となり そして無駄になり 空虚になるだろう 彼らは神の支配に従えず 被造物という言葉が真に意味するものにもなれず 日々…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索