59 真理を受け入れることは賢いおとめであること

1

私は長年信者として

携挙を望み 主の御名にしがみついた

主を信じ 罪が赦されれば

報われると思っていた

恵みによって救われるという妄想を抱き

一歩で空へと舞い上がり

天国に入れることを望んだ

誰も 主イエスの預言の本当の意味を

真に理解していない

人々は パウロの言葉を基に夢を描いている

主が突然 雲の上に乗って到来するのを

空想し望んでいる

目の前は大災害なのに

それでも主の現れを見ていない

彼らは主イエスの言葉が

ずっと前に成就したことを知らない

愚かなおとめたちは自分の観念にしがみつき

神の声が聞こえない

だから携挙の機会を逃して

この上ない後悔を感じることになるだろう


2

終わりの日のキリストは

人類を清め裁くために真理を表す

賢いおとめたちは神の声を聞き

主の現れを歓迎する

神の言葉を飲み食いして

子羊の婚宴に出席する

彼女たちは裁きを受けた後

神の性質が聖であり義であることを目にする

人々はあまりにも深く堕落し 反抗心に満ちていて

天国に入るにふさわしくない

神の裁きと刑罰を受け入れた時初めて

彼らは清められる

パリサイ人はその偽善ゆえに主に呪われている

誠実で真理を実践する者だけが

神の祝福と称賛を受ける

キリストに付き随い 本分を尽くす者だけが

神に従う

神を真に愛し証しする者だけが

完全にされる

前へ: 58 家に帰る

次へ: 61 神の愛による励まし

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索