581 原則をもって行動しなければ立派に本分を尽くせない

1 どんな本分を尽くしていようと、神の旨を把握し、自分の本分に関して神が何を求めているかを理解するよう、絶えず求めなければなりません。そうして初めて、原則に従う形で物事を扱うことができます。本分を尽くすにあたって、個人的な好みに従い、自分のしたいこと、自分を幸せにしたり快適にしたりすること、あるいは自分をよく見せることを何でも行なうことでそれを進めては絶対にいけません。自分の個人的な好みを神に無理矢理押しつけたり、それをあたかも真理のように実践したりして、それが真理の原則であるかのように従うならば、あなたは本分を尽くしているのではなく、そのように本分を尽くしても神の記憶には残りません。彼らは、正しく、善で、美しいと自分が信じるものを真理と見なしたのです。これは間違いです。

2 実際のところ、人々はある物事を正しいものと考え、真理にかなっていると思いますが、そのことは必ずしも、それが神の旨にかなっているという意味ではありません。ある物事が正しいと考えれば考えるほど、その人はより注意深くなるべきで、自分の考えていることが神の要求を満たしているかどうかを確かめるべく、真理を求めなければなりません。それがたまたま神の要求や言葉と相反するなら、それが正しいと思うのは間違いであり、それは人間の考えに過ぎず、神の言葉の中にその根拠がない限り、あなたがどれほど正しいと思ったところで必ずしも真理と一致しているわけではなく、あなたはそれを捨てなければなりません。本分とは何ですか。それは神から人々に託された使命です。ではどのように自分の本分を尽くすべきですか。神の要求と基準に従って行動し、人間の主観的な欲求ではなく真理の原則にもとづいて振る舞うことで、本分を尽くすべきです。このようにすれば、あなたの本分の遂行は基準を満たします。

『キリストの言葉の記録』の「真理の原則を探し求めることでのみ、本分をよく尽くすことができる」より編集

前へ: 580 神の言葉を実践し神を満足させることが第一

次へ: 582 誠実な人だけが本分を十分尽くせる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索