全人類は神を礼拝すべき

神への真の信仰は

救いに関することでも

良い人であることでも

人間らしさを得ることでもない

それは神の存在を信じること以上のもので

神は真理、道、いのちであり

ただそれだけだと知ること以上のもの

あなたが神を受け入れ

神が万物の支配者で

創造主で、全能で、唯一無二で

至高であることを知るだけではない

真の信仰とはそれ以上のものなのだ

神の思いはあなたのすべてと

心を神にささげること

そして神に従い

ついて行くことである

あなたは神に使ってもらい

喜んで神に仕えるべきだ

そして神のためどんなことでもすべきだ


神を信ずるべきなのは

選ばれた民だけではなく

全人類が神を礼拝し

神を心に留め 従うべきである

なぜなら全人類は神の被造物だから

神の思いはあなたのすべてと

心を神にささげること

そして神に従い

ついて行くことである

あなたは神に使ってもらい

喜んで神に仕えるべきだ

そして神のためどんなことでもすべきだ


『キリストの言葉の記録』の「真理の追求だけが神への真の信仰である」より編集

前へ: 神の国の美しさ

次へ: 誠実な人になるにはどのように実践すべきか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索