義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は

言葉で創造物に命吹き込み

神が語ったり命じるとそうなった

塵は人に変えられ

神は被造物を養い

命は天と地に満ちた

神は法を定め、奇跡をおこし

人を導き、世話をしたが

人は悪に身を任せ

汚れ堕落し、見るに見かねて

神は謙り受肉し、人を赦し

威厳を捨て、不義を背負った

30年の厳しい生涯の後

十字架の上で苦しみ、静かに去った

犠牲として貴い血を流し

人を贖い、真の愛を残した

稲妻が東に現れ

白い雲がシニムに舞い降り

義に満たされ 神は地上に戻った

彼は受肉した全能神

新時代開き、御業もたらし

全てを裁き人を救うため真理を表す

人の抵抗は神の心に残り

悲しみも怒りも抱く

血の涙を流し、忍耐を示す

誰が神を慰めるのか?

怒りながらも憐み深く

御業や望み、真心を与える

花は幾度咲き、散ったことだろう?

ガンはまた旅立ち、戻って来る

神の体は侮辱され

心はひどく傷つけられ

独りで苦しみ、休みなく

食べず寝ず、日夜、働き

母のような心で、涙と血を流すが

彼の誠意は侮辱される

神は謙り隠れ、御業を続け

神と心を一つにする一群の人々をようやく得られる

義と全能が肉として現れ

彼こそが全能神!

神は謙り隠れ、御業を続け

神と心を一つにする一群の人々をようやく得られる

義と全能が肉として現れ

彼こそが全能神!

全能神!

全能神!

前へ: 終わりの日のキリストが東方に現れる

次へ: 全能神、栄光の王

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索