義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は

言葉で創造物に命吹き込み

神が語ったり命じるとそうなった

塵は人に変えられ

神は被造物を養い

命は天と地に満ちた

神は法を定め、奇跡をおこし

人を導き、世話をしたが

人は悪に身を任せ

汚れ堕落し、見るに見かねて

神は謙り受肉し、人を赦し

威厳を捨て、不義を背負った

30年の厳しい生涯の後

十字架の上で苦しみ、静かに去った

犠牲として貴い血を流し

人を贖い、真の愛を残した

稲妻が東に現れ

白い雲がシニムに舞い降り

義に満たされ 神は地上に戻った

彼は受肉した全能神

新時代開き、御業もたらし

全てを裁き人を救うため真理を表す

人の抵抗は神の心に残り

悲しみも怒りも抱く

血の涙を流し、忍耐を示す

誰が神を慰めるのか?

怒りながらも憐み深く

御業や望み、真心を与える

花は幾度咲き、散ったことだろう?

ガンはまた旅立ち、戻って来る

神の体は侮辱され

心はひどく傷つけられ

独りで苦しみ、休みなく

食べず寝ず、日夜、働き

母のような心で、涙と血を流すが

彼の誠意は侮辱される

神は謙り隠れ、御業を続け

神と心を一つにする一群の人々をようやく得られる

義と全能が肉として現れ

彼こそが全能神!

神は謙り隠れ、御業を続け

神と心を一つにする一群の人々をようやく得られる

義と全能が肉として現れ

彼こそが全能神!

全能神!

全能神!

前へ: 終わりの日のキリストが東方に現れる

次へ: 全能神、栄光の王

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索