あなたは本当に神を信じる人なのか

もしかすると、あなたは神を信じる道をすでに一年、あるいは二年以上歩いているかもしれないし、その間の人生において、多くの苦難に耐えてきたかもしれない。あるいは、大した苦難に遭っておらず、その代わりに多くの恵みを受け取ってきたかもしれない。またあるいは、苦難も恵みも経験しておらず、いささか平凡な人生を送ってきたかもしれない。それでもなお、あなたはやはり神に付き従う者である。そこで、神に付き従うという主題について交わることにしよう。しかしながら、わたしはこれらの言葉を読むすべての人に、神の言葉は、神を認め、神に付き従う者に向けられており、神を認めるか認めないかにかかわらず、すべての人に向けられているわけではないということを断っておかなければならない。神は大衆に向かって、世界中のすべての人に向かって話していると信じているなら、神の言葉があなたに影響を及ぼすことは一切ない。だから、あなたはこれらの言葉をすべて心に留めるべきであり、その外部にいつも自分自身を置いてはならない。いずれにしても、わたしたちの家で起きていることについて話そう。

現在、あなたがたはみな、神を信じることの本当の意味を理解すべきである。わたしが以前に話した神を信じることの意味は、あなたがたの肯定的な入りに関連していた。しかし、今日はそうではない。今日わたしは、あなたがたの神への信仰の実質について分析したい。もちろん、これはあなたがたを否定的な面から導くものである。わたしがそうしなければ、あなたがたは自分の本当の顔を決して知らず、自身の敬虔さと忠実さを永遠に誇り続けるだろう。わたしがあなたがたの心の奥底にある醜さを暴かなければ、あなたがたの一人ひとりが自分の頭に冠を乗せ、すべての栄光を自分自身のために取っておく、と言っても言い過ぎではない。あなたがたは自分の傲慢で自惚れた本性に突き動かされて自分の良心を裏切り、キリストに逆らって反抗し、自身の醜さをさらけ出し、それによってあなたがたの意図、観念、度を過ぎた欲望、欲に満ちた目が明るみに出る。それでもなお、あなたがたは、自分は生涯にわたってキリストの働きに情熱を捧げてきたなどと話し続け、キリストによってはるか昔に語られた真理を何度も何度も繰り返す。これがあなたがたの「信仰」、すなわち「不純なもののない信仰」なのである。わたしはずっと、人に厳しい規範を守らせてきた。わたしは、己の意図によってわたしを欺き、わたしに条件を突きつける者を嫌悪するので、あなたの忠誠が意図や条件を伴うものならば、あなたのいわゆる忠誠などむしろないほうがよい。わたしが人に望むのは、わたしに絶対的に忠実であり、すべてのことをある一語のために、その一語を証明するために行うことだけである。その一語とは「信仰」である。あなたがたがわたしを喜ばせようとしてお世辞を使うのを、わたしは軽蔑する。と言うのも、わたしは常に誠実さでもってあなたがたに接しているからであり、ゆえにあなたがたも、わたしに対して本当の信仰でもって振る舞ってほしいと願う。信仰に関して言えば、自分は信仰があるので神に付き従うのであり、そうでなければ、そのような苦しみに耐えることはないはずだと、多くの者は考えるかもしれない。そこであなたに尋ねる。神の存在を信じているのなら、あなたが神を畏れないのはなぜか。神の存在を信じているのなら、あなたの心に神への畏れがほんの少しもないのはなぜか。キリストは神の受肉であるということをあなたは受け入れている。それではなぜ、あなたは彼を侮り、彼に対して不敬な態度で振る舞うのか。なぜあからさまに彼を批判するのか。なぜ彼の行動をいつも探るのか。なぜ彼の采配に従わないのか。なぜ彼の言葉に従って行動しないのか。なぜ彼をゆすり、捧げ物を奪い取ろうとするのか。なぜキリストの立場から話すのか。彼の働きと言葉が正しいかどうかをなぜ判断するのか。なぜ彼のいないところで図々しくも彼を冒瀆するのか。これらをはじめとする物事が、あなたがたの信仰を形作っているのか。

あなたがたの言動には、キリストに対するあなたがたの不信仰の諸要素が露呈している。あなたがたの行いの動機と目的には、どれも不信仰が浸み込んでいる。また、あなたがたのまなざしにさえ、キリストへの不信仰が含まれている。あなたがた一人ひとりが、一瞬一瞬、不信仰の要素を抱いていると言えるだろう。つまり、あなたがたの体中を巡る血液には、受肉した神に対する不信仰が浸み込んでいるので、あなたがたはいつキリストを裏切るかわからないということである。したがって、あなたがたが神への信仰の道に残す足跡は現実のものでないとわたしは言う。神への信仰の道を歩むあなたがたは、しっかりと地に足をつけておらず、単に動作を繰り返しているに過ぎない。あなたがたはいつもキリストの言葉を完全に信じず、すぐに実践することができずにいる。これが、あなたがたにキリストへの信仰がない理由である。また、キリストについての観念を絶えず持っていることが、あなたがたにキリストへの信仰がないもう一つの理由だ。キリストの働きをいつも疑うこと、キリストの言葉に耳を傾けようとしないこと、キリストの行う働きが何であれ、それにいつも意見を持ち、その働きを正しく理解できないこと、どんな説明を受けても、観念を捨て去るのに苦労することなど、これらはすべて、あなたがたの心の中に入り混じっている不信仰の要素なのである。あなたがたはキリストの働きに付き従い、決して遅れをとらないが、心の中にはあまりに多くの反逆心が入り混じっている。この反逆心こそが、あなたがたの神への信仰における不純物なのである。おそらくあなたがたは、そうではないと思うだろうが、その中から生まれる自分の意図を認識できないなら、必ずやあなたは滅びる者の一人となる。なぜなら、神によって完全にされるのは、神を真に信じる者だけであり、神に懐疑的な者は完全にされず、ましてや神が神であることを信じたことがないのに、神に渋々付き従う者が完全にされることなど絶対にないからである。

真理を喜ばず、裁きとなればもっと喜ばない人がいる。むしろ権力と富に喜びを見出すのだが、そのような人は権力の亡者と呼ばれる。彼らはもっぱら、影響力を持つ世界中の教派や、神学校出身の牧師や教師だけを探し求める。真理の道を受け入れたにもかかわらず、彼らは半信半疑で、心と思いのすべてを捧げることができず、神のために自分を費やすことを語りはするが、その視線は偉大な牧師や教師に注がれており、キリストは一顧だにしない。彼らの心は名声、富、栄誉に釘付けになっている。また、そのような小人物がかくも多くの人を征服でき、かくも平凡な者が人を完全にすることができるなど、問題外だと考えている。塵と糞の中にいるこれらの取るに足らない人々が神に選ばれた民であるなど、絶対にあり得ないと思っているのだ。そのような人々が神の救いの対象であれば、天と地がひっくり返り、すべての人が大笑いするだろうと、彼らは信じている。神がそのような取るに足らない人々を選んで完全にするのであれば、あの偉人たちこそ神自身になると信じている。彼らの考え方は不信仰によって汚れている。実際のところ、彼らは信じていないどころか、まったく馬鹿げた獣である。地位、名声、権力だけに価値を置き、大規模な集団や教派しか尊重しないからである。彼らはキリストに導かれる者など一顧だにしない。キリストに、真理に、そしていのちに背を向けた裏切り者に過ぎないのだ。

あなたが敬慕するのはキリストのへりくだりではなく、有力な地位にある偽の羊飼いたちである。あなたはキリストの素晴らしさや知恵を敬愛しないが、世の汚れにふける放蕩な者たちを愛している。あなたは、枕するところもないキリストの苦しみを笑うが、捧げものを狙い、放蕩な生活を送る屍を敬愛する。あなたはキリストのそばで苦しもうとせず、あなたに肉、言葉、支配しか施さない無謀な反キリストの腕に喜んで飛び込む。今でさえ、あなたの心は彼らに、彼らの評判に、彼らの地位に、そして彼らの影響力に向いている。それなのに、あなたはキリストの働きを飲み込みがたいものにする態度をとり続け、進んでそれを受け入れようとしない。だから、あなたにはキリストを認める信仰がないと、わたしは言うのである。あなたが今日に至るまでキリストに従ってきたのは、他に選択肢がなかったからに過ぎない。一連の気高いイメージが、あなたの心にいつまでもそびえている。彼らの言葉や行ないの一つひとつが忘れられず、影響力がある言葉や手腕も忘れられない。あなたがたの心の中では、彼らは永遠に至高で、永遠に英雄なのである。しかし、これは今日のキリストにはあてはまらない。彼はあなたの心の中で永遠に取るに足らない存在であり、畏れる価値も永遠にない。なぜなら、彼はあまりにも普通すぎ、あまりにも影響力がなさすぎ、高尚さからかけ離れているからである。

いずれにしても、真理を重んじない者はすべて、不信者にして真理を裏切る者だとわたしは言う。そのような人は決してキリストの承認を得られない。自分の中に不信仰がどれほどあるのか、キリストへの裏切りがどれほどあるのか、あなたはもう突き止めたのか。わたしはあなたに以下のことを勧める。真理の道を選んだ以上、誠心誠意献身すべきである。あいまいであったり、気のりのしない態度であったりしてはならない。神は世界にも、一人の人間にも属さず、真に神を信じ、礼拝し、献身的で忠実なすべての人に属するのだと知るべきである。

現在、あなたがたの中には多くの不信仰が残っている。自分自身の内側をしっかり見つめなさい。そうすれば、必ず答えが見つかる。真の答えが見つかれば、自分が神の信者ではなく、むしろ神を欺き、冒瀆し、裏切る者、神に忠実でない者であることを認める。そのときあなたは、キリストは人ではなく、神であると悟る。その日が来ると、あなたはキリストを敬い、畏れ、真に愛する。今、信仰はあなたがたの心の三割しか占めておらず、残りの七割は疑いが占めている。キリストによる言動はどれも、あなたがたにキリストについての観念や意見を与えがちであり、そうした観念や意見は、キリストに対するあなたがたの完全な不信仰から生じる。あなたがたは目に見えない天なる神だけを敬慕し、畏れ、地上の生けるキリストなど一顧だにしない。これもあなたがたの不信仰ではないのか。あなたがたは、過去に働きを行った神だけを慕い、今日のキリストを直視しようとしない。このすべてが、あなたがたの心にいつまでも入り混じり、今日のキリストを信じない「信仰」なのである。わたしは決してあなたがたを過小評価しない。あなたがたの内にはあまりに多くの不信仰があり、あなたがたには詳細に吟味されねばならない不純なところが多すぎるからである。このような不純物は、あなたがたが信仰を一切持たないことのしるしである。このような不純物は、あなたがたがキリストを捨てたことの目印であり、あなたがたにキリストの裏切り者という烙印を押す。このような不純物は、キリストに関するあなたがたの認識を覆うベール、あなたがたがキリストのものとされることを妨げる障壁、あなたがたがキリストと相容れるのを妨げる障害物、そしてキリストがあなたがたを認めない証拠である。今こそ、あなたがたの人生のあらゆる部分を吟味する時である。そうすることは、想像し得るあらゆる形で、あなたがたに益をもたらす。

前へ: あなたはキリストと相容れる道を探さなければならない

次へ: キリストは真理をもって裁きの働きを行う

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第十七章

わたしの声は雷のように轟き、四方すべてと地上全体を照らす。そして雷鳴と稲光の中、人類は打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光が来るのを見て恐れて我を失い、どうしていいかわからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、…

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪い。神に反対する悪魔になり、人による神への反抗は歴史書に記録されるほどになり、本人でさえその反抗的な振る舞いを完全に説明することができなくなっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよいかわ…

受肉の奥義(3)

神は自身の働きを行なうとき、何らかの構築や運動にとりかかるためでなく、自身の職分を全うするためにやって来る。毎回神が肉となるのは、働きの一段階を遂行し、新しい時代を始めるためだけである。今や神の国の時代が到来し、同じく神の国への訓練が始まった。この段階の働きは人間の働きでも、人間…

神に対するあなたの認識はどのようなものか

人々は長きにわたって神を信じてきたが、ほとんどの人は「神」という言葉が何を意味するのかを理解せず、当惑しながら付き従うだけである。神を信じなければならないのはいったいなぜなのか、あるいは神とは何かについてまったくわかっていない。神を信じ、付き従うことだけは知っていても、神が何かを…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索