私の心は神を恋慕う

神が離れる時 涙が溢れる

神は微笑み 手を振る

言いたいことがたくさんあるのに

今この時 言葉にならない

神との時を振り返る 歓声と笑いの場面を

救うために神がどれほど与えたか

忘れられない

真摯な戒めは希望をもたらし

心に刻まれた言葉が私を前進させる

全能神を思う時

心に甘美さを感じる

いつになれば、いつになれば

神にまた会えるのか

全能神を思う時

心に甘美さを感じる

いつになれば、いつになれば

神にまた会えるのか


神が離れる時 未練が残る

神は振り向き 手を振る

ここにいて欲しいと言えなくて

心にこんなに痛みを覚える

日々、教えが私を前進させ

固く心に宿り

神に従うよう私を導く

日々言葉を経験し

神の愛に報いるため本分を尽くそう

全能神を思う時

心に甘美さを感じる

いつになれば、いつになれば

神にまた会えるのか

全能神を思う時

心に甘美さを感じる

いつになれば、いつになれば

神にまた会えるのか

前へ: 神の心を知る友でありたい

次へ: 私は心の全てを言い表せない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すため…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索