神の言葉に対して持つべき態度

わたしの言葉は誰であれ

皆に向けられる真理

真理のしもべになれ

真理と無関係のものに囲まれている

あなたに求める

真理のしもべになれ

これはわたしから、あなた方への警告

集中し素直にわたしの言葉を

真理の立場で受け

一つも無視するな

わたしの言葉を軽んじるな

邪悪さと醜さに捕らわれることなく

それらを捨て去り

真理のしもべになれ

真理を踏みにじったり

神の家の片隅も汚してはならない

真理のしもべになれ

これはわたしから、あなた方への警告

集中し素直にわたしの言葉を

真理の立場で受け

一つも無視するな

わたしの言葉を軽んじるな

『言葉は肉において現れる』の「三つの訓戒」より編集

前へ: 神の言葉への接し方

次へ: あなたの生活を神の言葉で満たしなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索