神の言葉に対して持つべき態度

わたしの言葉は誰であれ

皆に向けられる真理

真理のしもべになれ

真理と無関係のものに囲まれている

あなたに求める

真理のしもべになれ

これはわたしから、あなた方への警告

集中し素直にわたしの言葉を

真理の立場で受け

一つも無視するな

わたしの言葉を軽んじるな

邪悪さと醜さに捕らわれることなく

それらを捨て去り

真理のしもべになれ

真理を踏みにじったり

神の家の片隅も汚してはならない

真理のしもべになれ

これはわたしから、あなた方への警告

集中し素直にわたしの言葉を

真理の立場で受け

一つも無視するな

わたしの言葉を軽んじるな

『言葉は肉において現れる』の「三つの訓戒」より編集

前へ: 神の言葉への接し方

次へ: あなたの生活を神の言葉で満たしなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索