神の栄光の表明になろうとしなさい

肉と血の体の人々はみな神によって導かれるが、サタンの束縛の中でも生きている。そこで人々は、熱望のためであれ、憧れ、あるいは自分たちが整えたい環境のためであれ、お互いに正常な関係を持ったことがない。そのような異常な関係は神がもっとも嫌悪することであり、「わたしが求めるのは、生き生きとした生き物である。死に染まった死体ではない。わたしはゆったりと国のテーブルにつき、地のすべての人々に、わたしの審査を受けよと命じる。」のような言葉が神の口から出てくるのはこうした関係のためである。

神は全宇宙の頭上にいるとき、毎日肉と血の体の人たちのあらゆる行動を観察し、一つの行動もけっして見逃さない。これらは神のなす行為である。そこでわたしはすべての人々に自分の考え、着想、行動を調べるよう促す。わたしはあなたが神に対する恥辱の印であることを求めるのではなく、神の栄光の表明になることを求め、あなたの行動、言葉、生活のすべてであなたがサタンの悪ふざけの標的にならないことを求める。これがすべての人々に対する神の要求である。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十章」より編集

前へ: 肉は終着点を台無しにできる

次へ: 神を信じてもいのちを得ていないなら懲罰を受ける

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索