神の民の一員になるに本当に値するのか


わたしは全人類の堕落を憎んだが、彼らの弱さには同情している。わたしはまた、全人類の古い性質に取り組んでもいる。中国にいるわが民の一人として、あなたがたもまた人類の一員ではないのか。わが民全員の中で、また、わたしの子ら全員の中で、つまり、全人類の中からわたしの選んだ者の中で、あなたがたは最も低いグループに属している。そのため、あなたがたの上に大量のエネルギー、最大量の努力を注いだ。あなたがたは、今日享けている幸いな生活を大切に思っているのではないか。あなたがたは、まだ心を硬くして、わたしに逆らい、自分の計画を立てているのだろうか。


わたしがまだ憐れみと愛をもっているのでなければ、全人類はとうの昔にサタンに捕らえられ、その口の「おいしい食べ物」になってしまっていただろう。今日、全人類の中にあって、わたしのためにほんとうに自己を費やし、ほんとうにわたしを愛す者は、いまだに片方の手で数えられるほど少ない。今日、「わが民」という称号は、すでにあなたがたのものとなっているのだろうか。あなたの良心は、ただ氷のように冷たくなったのだろうか。あなたはほんとうに、わたしが求めるような民となるにふさわしいだろうか。過去を振り返り、また今日を見て、どちらのあなたが、わたしの心を満足させるだろうか。誰が本当にわたしの思いをそのまま求めるだろうか。わたしが促さなければ、あなたがたはいまだに目覚めず、冬眠しているかのように、凍ったような状態のままでいただろう。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十三章」より編集

前へ: あなたがたは自分の地位を知らない

次へ: 神に味方する人はあまりにも少ない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索