神の民の一員になるに本当に値するのか


わたしは全人類の堕落を憎んだが、彼らの弱さには同情している。わたしはまた、全人類の古い性質に取り組んでもいる。中国にいるわが民の一人として、あなたがたもまた人類の一員ではないのか。わが民全員の中で、また、わたしの子ら全員の中で、つまり、全人類の中からわたしの選んだ者の中で、あなたがたは最も低いグループに属している。そのため、あなたがたの上に大量のエネルギー、最大量の努力を注いだ。あなたがたは、今日享けている幸いな生活を大切に思っているのではないか。あなたがたは、まだ心を硬くして、わたしに逆らい、自分の計画を立てているのだろうか。


わたしがまだ憐れみと愛をもっているのでなければ、全人類はとうの昔にサタンに捕らえられ、その口の「おいしい食べ物」になってしまっていただろう。今日、全人類の中にあって、わたしのためにほんとうに自己を費やし、ほんとうにわたしを愛す者は、いまだに片方の手で数えられるほど少ない。今日、「わが民」という称号は、すでにあなたがたのものとなっているのだろうか。あなたの良心は、ただ氷のように冷たくなったのだろうか。あなたはほんとうに、わたしが求めるような民となるにふさわしいだろうか。過去を振り返り、また今日を見て、どちらのあなたが、わたしの心を満足させるだろうか。誰が本当にわたしの思いをそのまま求めるだろうか。わたしが促さなければ、あなたがたはいまだに目覚めず、冬眠しているかのように、凍ったような状態のままでいただろう。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十三章」より編集

前へ: あなたがたはまだ神から多くを得ていないのか

次へ: 神に服従しない者は神を裏切る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索