神を裏切ることは人間の本性

人間の本性は人間の肉ではなく霊に由来する。人間がサタンによる誘惑、サタンが与える苦悩や腐敗をどのように受けたかを知るのは、各人の霊のみである。人間の肉は、それを知る事が出来ない。よって、人間は無意識のうちに益々汚れ、邪悪で暗黒になってゆく一方、わたしと人間の間の距離も益々広がり、人間の日々も益々暗黒になる。人間の霊は、全てサタンに掌握されている。ゆえに、人間の肉もまたサタンに囚われているのは言うまでも無い。こうした肉と人間が、どうして神に反抗せず、生来神の味方であり得るだろうか。サタンがわたしにより空へと投げ出されたのは、サタンがわたしを裏切ったからであるが、それならば、どうして人間がその影響から解放され得るであろうか。これが、人間の本性が裏切りである理由である。

どれくらいの期間神に付き従ってきたかにかかわらず、人の本性は依然として神を裏切ることである。つまり、神を裏切ることは人間の本性に含まれている。何故なら、人はいのちにおいて完全な成熟に達することが無く、性質が相対的に変化するだけだからである。どれほど自信が大きかろうと、また出生地がどこで、これからどこへ行くのであろうと、神を裏切る人の本性はいつでもどこでも姿を現し得ることを神は勧告している。神があらゆる人に語りたいことは、神に対する裏切りは人間の本性である、ということである。もちろん、神がこれら二章を表したのは、人類を滅ぼしたり非難するための理由を見出すためではなく、人間が自らの本性を一層深く認識し、よって常に神の前にて厳重に注意して生活し、神の導きを得て、神の存在を失ったり後戻りをすることのできない道へと進んだりすることを回避させるためである。

『言葉は肉において現れる』の「極めて深刻な問題──裏切り(2)」より編集

前へ: 人間の本性が裏切りである理由

次へ: 神を裏切ることの危険な行く末

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索