心から神のために尽くす者は幸い

今日、神が愛するのは神の旨を行い

重荷を気遣い、全て捧げ

真心と誠意を捧げる人々

神から離れないよう

彼らをいつも啓く

神がよく語る言葉は

「全てを費やし

偉大な仕事を誠実に為す者を

わたしは必ず祝福する」


「祝福」という言葉の意味を

あなたは知っているか

聖霊の今の働きによれば

神からの重荷を意味する

神がよく語る言葉は

「全てを費やし

偉大な仕事を誠実に為す者を

わたしは必ず祝福する」


教会のため、重荷を負える者

心から全て捧げる者

彼らの重荷と真心だけでなく

神の啓示もまた祝福だ

神がよく語る言葉は

「全てを費やし

偉大な仕事を誠実に為す者を

わたしは必ず祝福する」

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第八十二章」より編集

前へ: 機会を逃せば永遠に後悔する

次へ: 立ち上がれ 神とともに働こう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索