質問 13:皆さんは全員神を信じています。私はマルクスとレーニンを信じています。私の専門は様々な宗教信仰の研究です。私は長年研究して、問題を1つ見つけました。どの宗教信仰も神が存在するとしています。しかし、神を信じる人で神を見たことがある人は未だにいません。信仰は感情だけに支えられているのです。それで、宗教信仰について次のような結論に達しました。宗教信仰は想像上のものにすぎません。迷信です。科学的根拠がありません。現代社会は科学が高度に発展した社会です。全て科学に基づいて間違いがないようにしなければなりません。我々共産党員は、マルクス・レーニン主義を信じています。神の存在を信じていません。革命歌「インターナショナル」を知っていますね。救世主が存在したことはない。神や皇帝に依存することもしない。人類の幸福のために、我らは完全に己に頼らねばならない。「インターナショナル」の歌詞は「救世主が存在したことはない」とはっきり言っています。過去に人類が神を信じて迷信的な儀式を行った理由は、当時の人間が、太陽、月、星、風、雨、雷鳴、稲妻などの自然現象に直面した時、科学的に説明できなかったからです。なので、超自然的な力に対して恐怖と驚嘆の念が心の中で沸き起こったのです。こうして最初の宗教概念が形成されました。その他にも、人間は自然災害や病気などの困難を解消できなかった時、神をうやうやしく礼拝することで精神的ななぐさめを得ようとしたのです。こうして宗教が誕生しました。明らかに理性的でも科学的でもありません! 現在、人類は進歩して、科学が発達しています。航空宇宙工学、バイオテクノロジー、遺伝工学、医学など各分野で、人類は著しい進歩を遂げました。過去には、人類は多くの問題を理解できず、解決方法もありませんでした。今日これらの問題は全て科学で説明できます。科学が解決策を提供してくれます。科学とテクノロジーが発達したこの時代に、まだ神を信じるなど、馬鹿で無知なことではないでしょうか。そのような人は時代に取り残されるのではありませんか。唯一、現実的なことは科学を信じることです。

回答:あなたは宗教を信仰するのは、科学知識がない人だとおっしゃいます。宗教は超自然的な力に直面したときの恐怖と驚嘆から生まれた、宗教は迷信だとおっしゃいます。それは間違っています。事実無根です。あなたがおっしゃる封建的な迷信と宗教信仰は全く別のものです。あなたがた共産主義者は封建的な迷信に反対するふりをして、宗教の信仰を非難して禁止します。これは馬鹿げています。世界の主要宗教の中でも、ユダヤ教、カトリック教、東方正教会、その他のキリスト教は、神と主イエスを信じています。これだけが真の宗教信仰です。3千年前、律法の時代の神の働きによりユダヤ教が誕生しました。遥か昔、ユダヤの民は神の声を聞き、神の名前を知りました。それからずっと彼らはヤーウェ神に祈り、ヤーウェが定めたあらゆる律法と戒めを遵守しました。彼らは皆ヤーウェ神を崇拝しました。ですから律法の時代の神の働きによってユダヤ教が誕生したのだとわかります。恵みの時代が来ると、神は主イエスとして受肉し、働きを開始しました。そして十字架に磔にされ、人類の罪を償いました。主イエスへの信仰を公言する人が増え続け、主イエスの教会が生まれました。数百年経つうちに、カトリック教会、東方正教会、その他のキリスト教派が発展しました。これらは世界最大の宗教です。これらは全て、主イエスの贖罪の働きがあったからこそ、形成されたのです。終わりの日の全能神は真理を示して裁きの働きを行っています。様々な宗派の人が全能神を信じて救われています。神を心から信じる人々は神の声を聞いて、神の玉座に忠誠を誓っています。こうして全能神教会が誕生したのです。これらの事実だけで十分です。宗教信仰は完全に神の降臨と働きから誕生したのです。神の降臨と働きは、無数のキリスト教徒の経験が実証しています。どんな力を使っても、神の教会や神の選ばれし民を打ち倒したり禁止したりすることはできません。これは事実です。人類誕生以来神はずっと人類を導き、あがない、救うという働きをしています。神の降臨と働きにより、人類全体が進歩するのです。誰もこれらの事実を否定できません。あなたは宗教信仰の研究がご専門ならおわかりのはずです。なぜ歴史的事実を歪めるのですか。宗教信仰が無知で遅れた人類の産物だというご説明はむしろ荒唐無稽じゃないですか。

あなたは長年宗教信仰を研究なさっても封建的な迷信と宗教信仰の違いさえおわかりにならないとは宗教信仰を本当に理解していらっしゃらないということです。現在、神を信じる人がますます増えています。信者の数は世界人口の三分の一を超えています。世界で最も偉大な科学者の多くはキリスト教徒です。たとえば、ニュートンもガリレオもコペルニクスも。これらの人々が迷信深くて科学を信じていなかったとおっしゃるんですか。科学は物質世界の研究に成果を挙げることができます。でも、精神世界の探索と研究では無力なのです。私達の神への信仰は科学に基づいていません。むしろ神の言葉と働きに基づいています。聖書は神の働きを証明しています。人類が神の働きを経験したことの歴史的記録です。聖書の預言者は何千年も前に終わりの日に何が起こるのかを預言しています。預言は基本的に全て実現してきました。それだけで神の降臨と働きは本当だという十分な証拠です。人類を支配するのも、宇宙を支配するのも神です。誰もこれらの事実を否定できません。

神を見ることができないから、神は存在しないとおっしゃるのですね。それなら偽札を焼いて、頭を地面につけて先祖の位牌を拝む時、死者の霊魂が見えますか。邪悪な霊を呼び出したり霊媒者に占いをしてもらったりする時、死者の霊魂の国が見えますか。見えないのなら、なぜ偽札を焼き、深々とお辞儀をして、占いをして、運勢を見るのですか? 神は存在しないと何度もおっしゃって、無神論を大声で説かれる。でも、個人的には偽の神々を信じたり、邪悪な霊を崇拝したりしていらっしゃる。それは、嘘をつき、人々を騙して引っ掛けていることになりませんか。真の神の言葉と働きが真理であること、それらが人類に光と救済をもたらしていることをおわかりのはずです。それなのに、頑固に否定、抵抗なさる。無神論の旗を掲げて、人類が真の神を信じることに反対なさる。激しく宗教信仰を抑圧し、キリスト教徒を残酷に迫害する。これは結局、何の問題でしょうか? 神は霊です。人に神の霊体を見ることはできませんが、神が話される言葉を聞き、神の働きを見ることはできるのです。これは絶対真理という事実です。何千年もの間、神は言葉で人類を導いて救ってきました。人類の運命を支配してきました。神は多くの偉業も示しています。このような人間の経験と実践的な知識により、多くの諺が生まれたのです。たとえば、「天の意思を信ぜよ」「計画するのは人、成敗をつけるのは神」「人事を尽くして天命を待つ」「必ず道は開ける」「天の計画は人間の計画より優れている」「人の運命は星で決められている」などなど。これらは全て、大いなる支配者がいて、人間世界を管理して采配を振るっていることを証明しています。この人類を率いて祝福し、育んでいるのです。こんな諺もよく聞かれます。「頭を挙ぐれば三尺に神明あり」「人は行動し、天は見守る」「因果応報」。これは全て、神が創造主であり、神があらゆるものをずっと支配してきたことを示しています。神の霊がいつも全てを見守っているのです。人々の行いに応じて神が天罰を下し、人類の運命を決定するのです。

あなたは誰にも神は見えないから、神は存在しないとおっしゃいます。その発想は間違っています! 神の降臨と働きを求めたことがありますか? 『聖書』と『言葉は肉において現れる』をお読みになったことがありますか? 聖書にこうあります。「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった(ヨハネによる福音書 1:1)。人が神の霊を見たことはなくても神の声を聞くことはできます。神が表現した言葉を見ることはできます。自分自身で神の行動を経験することはできるんです。数千年にわたって神は3段階の働きを行ってきました。イスラエルでは律法の時代の働きを行いました。イスラエルの民に神の律法と戒めを宣言しました。恵みの時代には、神は受肉されて贖罪の働きを行いました。主イエスを信じることで、無数の人々の罪が赦されました。神の臨在のもとで生き、神が与えた平安と幸福を享受しました。神の国の時代に神はまた受肉して、真理を表し、裁きの働きを行い、人々を清めて救うのです。神は本当に多くのことを行いました。人々がこれに気づかないはずがありません。なぜ神が存在しないなどと無責任な発言が未だにできるんでしょうか。神を信じるのに目だけに頼りません。信仰の主な根拠は神の降臨と働きです。受肉した神は多くの言葉を語りました。神の言葉は人々の言葉と全く違います。誰も神のように言葉を話せません。神の言葉には権威と力があります。毎日、神の言葉が実際に実現しています。神の働きの各段階で、多くの人々が救われ、神に直面しています。その結果、神の存在を確認して、神の性質を知ることができるのです。このような理由で、神に向かう人々が増え続けています。この現実を見られないなんて、どういうことですか。全能神の言葉をいくつかお伝えしたいです。全能神の言葉を聞けば、神が万物を創造し、あらゆることを支配しているという事実をはっきりとご理解いただけるでしょう。

全能神は言われます。「広大な宇宙と天空において、数えきれない被造物が生き、再生し、生命の周期の法則に従い、一つの不変の規則を守っている。死ぬ者は生きる者の物語を抱えて行き、生きている者は死んだ者と同じ悲劇的な歴史を繰り返す。そこで、人類は自問せずにはいられない。なぜわたしたちは生きるのか。そして、なぜわたしたちは死ななければいけないのか。誰がこの世界を支配しているのか。そして、誰がこの人類を創ったのか。人類はほんとうに大自然の生み出したものなのか。人類はほんとうに自分の運命を支配しているのだろうか。……人類は、宇宙と万物の支配者が誰であるかをまったく知らないし、ましてや人類の始まりも未来も知らない。人類はこの法則の中で否応なしにただ生きている。誰一人、逃れることができないし、誰もこれを変えることはできない。あらゆる物事の間と天において、永遠から永遠にすべてを支配しているのは、ただお一方だけだからである。それは、かつて人間が見たことがないお方、人類が知ることもないお方、その存在を人類は信じたこともない。しかし、それは人類の祖先に息を吹き込み、人類にいのちを与えたお方である。人間の生存のために施し、養い、今日まで導いて来たお方である。さらに、人類が生き残るために依存する唯一のお方なのである。彼は万物を支配し、天の下のすべての生ける物を支配している。彼は四季を支配し、風と霜、雪、雨を呼ぶ。彼は人類に陽光を与え、夜の訪れをもたらす。天と地とを整え、人間に山々と湖、川、すべての生き物を与えたのは彼である。彼の業はあらゆるところにある。その力はいたるところにある。その知恵はいたるところにある。その権威はいたるところにある。その法則や規則の一つひとつは彼の業の具現であり、その一つひとつが彼の知恵と権威とを明らかにしている。誰が彼の支配を免れることができようか。また、誰が彼の采配から逃れることができようか。万物は彼の眼差しの下にあり、さらに、彼の支配の下で生きている。彼の業と力の前に人類は、彼が実際に存在し、万物を支配していると認めざるを得ない」(「神の経営の中でのみ人は救われる」『言葉は肉において現れる』)

人類が誕生して以来、神は宇宙を経営し、万物の変化の法則とそれらの運行の軌跡を指揮しながら、ずっとこのように働いてきた。万物と同様に、人間は秘かに、知らないうちに、神から来る蜜と雨露によって養われている。他のあらゆるものと同様に、人は知らないうちに神の手による指揮のもとに生存している。人の心と霊は神の手中に握られており、人の生活の一部始終が神の目に見られている。あなたがこのことを信じているかどうかにかかわらず、生きているものであれ死んでいるものであれ、万物は神の思いによって移ろい、変転し、新しくされ、消滅する。これこそが神が全てのものを統治する方法である」(「神は人間のいのちの源である」『言葉は肉において現れる』)

人間は神が存在することを認めることもなければ、創造主が万物を造り、万物に対する主権を握っているという事実を受け入れることもなく、さらには創造主の権威の存在を認めることもありません。それにもかかわらず、人文科学者、天文学者、物理学者は、宇宙における万物の存在、そして万物の運動を律する原理と法則が、巨大で目に見えない暗黒のエネルギーにより統治され、支配されているという結論に達することが益々多くなってきています。この事実により、人間は、こうした規則性の中心に並外れた者が存在し、すべてを指揮しているということに向き合い、認めざるを得なくなっているのです。彼の力は非凡であり、その素顔を見ることができる人はいないものの、彼は常に全てを統治し、支配しています。彼の主権を超えることができる人や力は存在しません。人間は、こうした事実と向き合う中で、万物の存在を統治する法則は人間が制御できないものであり、誰にも変えられないものであることに気付かねばならず、また、こうした法則は人間が完全に理解できないものであり、自然に発生するものではなく、統治者の命令によるものであることを認めなければなりません」(「唯一無二の神自身 3」『言葉は肉において現れる』)

映画『共産主義の妄言』より引用

前へ: 質問 12:政府の文書によると、全能神教会は、中国の北東部出身の趙という者が創始者で、教祖として教会を率いている。全能神教会の信者らは、この男が聖霊の使者であると唱え、その説教に耳を傾け、教会での業務においてもその声に従う。お前たち信者は、全能神の御言葉を読み、全能神の名によって祈り、『言葉は肉において現れる』を正典とみなし、集会にて全能神の御言葉について語り合うが、全能神教会で何においても最終的な決定権を持っているのは、この男だ。全能神教会がこの男によって建てられたのは間違いない。中国共産党および宗教界は、全能神教会を人によって創られた組織だとみなしているが、私もそう思う。わかるか?

次へ: 質問 14:神への信仰において、皆さんそれぞれの考えや意見があります。皆さんの考えや理論は主観的な意識から出た感覚のように私には思えます。幻想の範疇に入ると思います。我々共産主義者は唯物論と進化論が正しいと信じます。なぜなら科学に一致しているです。中国では小学校から大学まで全面的に唯物論、進化論の教育を施しています。なぜでしょうか? 子供や青少年に早くから無神論や進化論の考え方を教え込むためです。そして誰もが宗教や迷信から遠ざかるようにです。あらゆる問いを科学的に、理性的に説明できるようにするためです。たとえば、生命の起源を考えてみましょう。昔の人々は無知で遅れていました。中国神話の神パングー(盤古:日本語発音ばんこ)が天と地を分け、女神ニューワ(女媧:じょか)が人間を作ったなどという話を信じていました。西洋人は、創造主が人類を創ったと信じています。実は、これらは全て神話や伝説で、科学に一致しません。進化論が登場して、人類の起源や人間がどのように猿から進化したのかをはっきり説明して以来、進化論は神が人間を創ったという伝説を徹底的にくつがえしました。万物は自然に進化しました。これこそが真理です。だから、我々は科学と進化論を信じなければなりません。皆さんは、どなたも教育を受け知識がある。なぜ神を信じるなどということができるのですか? 皆さんは自分の見解を話せますか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:あなたは、主イエスが中国に再臨され、その働きをなされている、と証しをされていますが、これは主イエスが聖書の中で預言していますので、私は本当だと思います。「いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう」(マタイによる福音書 24:27)。でも私たちは、主が終わりの日に再臨され、私たちを天の国に連れて行ってくださるか、少なくとも、雲まで引き上げられて空中で神様に会えるものと思っています。パウロも聖書の中で言っています。「それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう」(テサロニケ人への第一の手紙 4:17)。しかしなぜ主は、聖書に記されているように来られないのですか? 終わりの日の全能神の裁きの働きは私たちが天国に連れて行かれることと何の関係があるのですか?

主イエスは再臨についてこう言われました。「その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。」(マタイによる福音書 24:36) 主が再臨されても誰も気づきません。神以外には分からないのです。たとえ天使であってもです。あなた方は信者たちが空に持ち上げられ、雲の中で主に会うと言います。

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索