神を愛する機会を大切に

時はとても速く過ぎていく。長い時間の川に消えていきながら。

私は急に過去を振り返り思い出すが、残るのはため息だけ。

私は神の愛をたくさん受けたが、その愛に報いたことはなく、ひどい罪悪感を抱いている。

神への私の愛はただ口先だけで、私の心は利己的な欲望でいっぱいなのだ。

神の愛に報いると誓ったが、試練の試しに耐えられないでいる。

幾度も、私は頑なに、反抗的になった。幾度も、自分の道を正すことを拒んだ。

神の前に立っているが、心は神から遠く離れている。

私は真心を神に捧げたことがなく、神のために重荷を担ったことがない。

私は誠意がなく私の言葉は空虚で、ただ神から祝福をだまし取りたいだけなのだ。

過ぎ去る時は耐え難い記憶に満ちている。


私は幾度となく裁かれ罰せられ、たくさんの試練と精錬を経験した。

神の愛はいつも私とともにあり、神の言葉は私を啓き、道を示し、導く。

私の頑なで麻痺した心は、ようやく目覚め立ち返り始める。

今日までずっと神について来れたのは一重に神の愛と配慮ゆえ。

神の憐みと救いなくして、どうして今日の私がありえようか。

目覚めるのがこんなにも遅かったこと、貴重な時間をたくさん失ったことが悔やまれる。

神は私を救うためにこれほど骨の折れる代価を払った。

神の愛と救いに出会い、どうして再び逆らえようか。

真理を追求し、神を愛し、神を満足させることでのみ、人は後悔せずに生きられる。

苛酷な試練や苦難に苦しむ時も、私は神に報いるため本分を尽くす。

生涯の最後の日々を大切にし、神に純粋な愛を捧げる。

前へ: 悲惨な世界への哀歌

次へ: あぁ神よ、あなたは私をこんなにも愛して下さる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索