251 神を愛する機会を大切に

1

時はとても速く過ぎていく。長い時間の川に消えていきながら。

私は急に過去を振り返り思い出すが、残るのはため息だけ。

私は神の愛をたくさん受けたが、その愛に報いたことはなく、ひどい罪悪感を抱いている。

神への私の愛はただ口先だけで、私の心は利己的な欲望でいっぱいなのだ。

神の愛に報いると誓ったが、試練の試しに耐えられないでいる。

幾度も、私は頑なに、反抗的になった。幾度も、自分の道を正すことを拒んだ。

神の前に立っているが、心は神から遠く離れている。

私は真心を神に捧げたことがなく、神のために重荷を担ったことがない。

私は誠意がなく私の言葉は空虚で、ただ神から祝福をだまし取りたいだけなのだ。

過ぎ去る時は耐え難い記憶に満ちている。

2

私は幾度となく裁かれ罰せられ、たくさんの試練と精錬を経験した。

神の愛はいつも私とともにあり、神の言葉は私を啓き、道を示し、導く。

私の頑なで麻痺した心は、ようやく目覚め立ち返り始める。

今日までずっと神について来れたのは一重に神の愛と配慮ゆえ。

神の憐みと救いなくして、どうして今日の私がありえようか。

目覚めるのがこんなにも遅かったこと、貴重な時間をたくさん失ったことが悔やまれる。

神は私を救うためにこれほど骨の折れる代価を払った。

神の愛と救いに出会い、どうして再び逆らえようか。

真理を追求し、神を愛し、神を満足させることでのみ、人は後悔せずに生きられる。

苛酷な試練や苦難に苦しむ時も、私は神に報いるため本分を尽くす。

生涯の最後の日々を大切にし、神に純粋な愛を捧げる。

前へ: 250 神の愛はとても現実的

次へ: 252 神に真心を捧げる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索