最後の瞬間を惜しむ

時間は瞬く間に経ってしまう。私は気付かないうちに、

もうこんなに長い年月神を信じてきたのか。

神の働きが終わろうとしているのを見て

私は真理といのちを得たか省みる

私は途方に暮れ 神にどう説明したらよいか分からない

何度も神の言葉を読んだのに 深く考えずに動作だけ繰り返してきた

何度も刈り込みと取り扱いを受けたのに 真理を求めてこなかった

長年自分を捧げて費やしたのに 自分は神に忠実だと思い込んだ

動機を慎重に吟味してみると それは全て名声と地位の追求だった

神は多くの言葉を発されたけれど 私は何の真理も理解しなかった

多くの試練 多くの精錬を経たけれど 私の性質は変わっていない

神が去ろうとしているいま 私の麻痺した心が突然目覚める

真理を求めなかったせいで 完全にされる多くの機会を失った


神はいまシオンに戻り 大災害が降りかかろうとしている

神は未だに 私たちのいのちの未熟さを嘆く

一刻も早く真理を求めよと 神は熱心に忠告する

何度も何度も 裁きと刑罰が私の麻痺した心を目覚めさせる

神の心からの言葉に出会って 私は涙を流す

人類を救うため 神はかくも大きな代価を払った

本当に理知と良心があるなら どうして反抗して神を傷つけられるだろう

未だに真理を求めないなら 私には人間性がなく 生きるに価しない

神の性質は義にして聖く 人間の背きを許さない

働き奉仕するだけで 真理を得ないなら どうして私が救われよう

前へ: 私は一生涯を神に捧げたい

次へ: 私は取るに足りない被造物

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消す…

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが神…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索