278 我々は自分自身の道を選ばなければならない

キリストは真理を表し

終りの日に義を明らかにする

彼は真理であり

全ての人に対して正しく

真理を追求しなければ取り除かれる

人の結末はその人が真理を持っているかによる

見かけのよい行為だけでは

命を持っているとは言えず

良い行いや真理がなければ

神は顔をそむける

神の性質は聖にして義であり

侵害を許さない

邪悪なことをしたり神に逆らえば罰せられる

我々は自分自身の道を選ばなければならない

誰かが代わりに我々の道を選ぶことはできない

真理に従い正直な人だけが人間性を持つ

真理を実行し現実を生き抜く

それのみが神から称賛を受ける

信仰において神の賞賛を得るには

神を愛し 従う必要がある

清められるために

神の裁きと刑罰を受け入れる者だけが賢い

地位や名声 利益を求めることに価値も意味もない

真理を説くだけでは空しく

本分を尽くし真理を実践する者だけが

神に従う人である

神を愛し 良い証しをすれば

真の人生を送れる

裁きと刑罰と刈り込みは神の愛である

試練と精練の時の証しは神に栄光を与える

試練により人に真理の現実があるかが示される

真理を得て神を知る時だけ

神を証しすることができる

真理を求めて性質を変える時

遂に我々は成功するのだ!

前へ: 277 神に従う決意

次へ: 279 私はあなたに創られ、あなたのものです

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索