讃美がシオンに到来した

讃美がシオンに到来し

神の住まいが現れた

全ての者が神の聖なる名を讃えて歌い

その声が広がる

全能神よ!宇宙の頭 終わりの日のキリスト

輝く太陽が宇宙で最も荘厳なシオンの山から昇る

全能神よ!我らはあなたに歓呼し、歌い、踊っている

あなたは正に我らの救い主であり

宇宙の王である

あなたは勝利者の一群を作り

経営計画を完成した

全ての民がこの山に戻り

玉座の前でひざまずき祈る

あなたは唯一の真の神であり

栄光に満ちた尊い方

全ての栄光と賛美と権威はあなたの玉座に属している

いのちの泉は玉座から流れ

民を潤し養い いのちは変化する

新しい光と啓示が伴い

神の新たな識見が与えられる

経験によって神を確かめよ

神の言葉は現れる

絶えず正しい人の中に現れ

我らは祝福されている

日々神と顔を合わせ

すべてにおいて神と交わる

神に全てを決めてもらい

神の言葉を思い巡らしなさい

心は静まって神の内にあり

神の前で光を受ける

生活、言動、思考において

神の言葉に生きれば識別できる

神の言葉は針に糸を通し

隠されたものが露わになる

すぐに神と心通わせなさい

思考は神により露わにされる

絶えず裁きを経験して生きなさい

すべてキリストの玉座の前で

我らの肉体のあらゆる部分が

まだサタンの支配下にある

神の権威を取り戻すために

神の神殿は清められねばならない

我らが神のものとなるためには

生死をかけた闘いが必要である

古い自分を十字架にかけよ!

復活したキリストのいのちが主権を取り戻し

聖霊が我らの体の各部に突き進み 闘い始める

我らが喜んで犠牲を払い

神と協力すれば

神はその光で我らを照らし

内側から我らを清める

神により完全にされるために

サタンの虜になっていた

全てのものを取り戻すため

一時も無駄にしてはならない

神の言葉に生き

聖徒たちと共に建て上げられなさい

神の国に入り

神と共に栄光の中へ入りなさい

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第一章」より編集

前へ: 神を讃美しつつシオンに来たれ

次へ: 人の子が栄光と共に現れた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索