新しい時代の戒め

もはや律法の時代ではないが

従うべき似た言葉があり

聖霊に触れられた時だけでなく

人が常に従うべきもの

実践的な神の働きを裁かず

場所をわきまえ 正しくふるまい

神の証しを畏れよ

神の働きや言葉を無視せず

言葉の調子や意図をまねたり

証しされた人に抗うな

彼らに反することなく

自分の口を見張り

証しされた人の計画に従え

人が従うべき重大なことがある

神をあざむいたり 神から何かを隠したり

神の前でみだらなことや傲慢な言葉を喋るな

信頼を得るため 巧言で神を騙すな

不敬に振る舞うことなく

神の言葉に逆らったり 反対や反論をせず従え

神の言葉を都合よく解釈するな

口を慎み 邪悪な者の餌食になるな

歩みに注意し 神が定めた境界を超えず

神の観点で話し 忌み嫌われないようにせよ

人から嘲笑されたり悪霊に弄ばれるから

神の言葉を迂闊に繰り返すな

神の働きに従い理解できなくても

裁かず探し求め 交わりを持ちなさい

神の場所を侵さず 人の立場から仕えよ

人の立場から神に教えれば道を誤る

神に証しされた人が立つ所に立ってはならない

言動と思いにおいて人の位置に立ちなさい

それは責務なので

変えることなく従わなければ行政命令に違反する

『言葉は肉において現れる』の「新時代の戒め」より編集

前へ: 神の言うこと為すことは全て真理である

次へ: 新時代の戒めは極めて意義深い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索