新しい時代の戒め

もはや律法の時代ではないが

従うべき似た言葉があり

聖霊に触れられた時だけでなく

人が常に従うべきもの


実践的な神の働きを裁かず

場所をわきまえ 正しくふるまい

神の証しを畏れよ

神の働きや言葉を無視せず

言葉の調子や意図をまねたり

証しされた人に抗うな

彼らに反することなく

自分の口を見張り

証しされた人の計画に従え

人が従うべき重大なことがある

神をあざむいたり 神から何かを隠したり

神の前でみだらなことや傲慢な言葉を喋るな

信頼を得るため 巧言で神を騙すな

不敬に振る舞うことなく

神の言葉に逆らったり 反対や反論をせず従え


神の言葉を都合よく解釈するな

口を慎み 邪悪な者の餌食になるな

歩みに注意し 神が定めた境界を超えず

神の観点で話し 忌み嫌われないようにせよ

人から嘲笑されたり悪霊に弄ばれるから

神の言葉を迂闊に繰り返すな

神の働きに従い理解できなくても

裁かず探し求め 交わりを持ちなさい

神の場所を侵さず 人の立場から仕えよ

人の立場から神に教えれば道を誤る

神に証しされた人が立つ所に立ってはならない

言動と思いにおいて人の位置に立ちなさい

それは責務なので

変えることなく従わなければ行政命令に違反する

『言葉は肉において現れる』の「新時代の戒め」より編集

前へ: 神の言うこと為すことは全て真理である

次へ: 新時代の戒めは極めて意義深い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索