最終段階の征服は人々を救うため

最後の征服は人々を救う

彼らの結末を明らかにし

裁きによって堕落をあらわにする

そして悔い改め、立ち上がり

命と人生の正しい道を追求するのを助ける

最後の征服は麻痺した人の心を覚まし

裁きによってその反抗心を示す

悔い改めず

堕落を捨てて 人生の正しい道を追求出来なければ

人は救われず

サタンに呑み込まれてしまうだろう

終わりの日とは

征服によって万物が分類される時だ

終わりの日の働きは人々を征服して

彼らの罪を裁くことなのだ

それは全宇宙の人々を分類する

あらゆる人々が征服の働きにより

裁きの座の前に来るだろう

征服の意義は

人々を救いその結末を示すこと

良かれ悪しかれ、救いも呪いも全て

征服の働きが明らかにする

全ての被造物は分類され

裁きの座の前で裁かれる

何ものもこの裁きから逃れられず

何ものもこの分類から逃れられない

全てのものが分類される理由は

万物の終わりが近づいているからだ

天と地の全ては終局を迎える

征服の意義は

人々を救いその結末を示すこと

良かれ悪しかれ、救いも呪いも全て

征服の働きが明らかにする

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内なる真実(1)」より編集

前へ: 終わりの日の征服の働きの内幕

次へ: 征服の働きの主な目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索