727 被造物は創造主に従うべき

1 被造物に対する創造主の扱いには基本的な原則がありますが、これはまた最高の原則でもあります。創造主による被造物の扱い方は、創造主の経営(救いの)計画と必要事項に完全に則っています。だれに相談する必要もなく、だれの同意も必要としません。何を行なうべきであろうと、あるいは人々をどう扱うべきであろうと、創造主はそれを行ない、また創造主が何を行なうか、人々をどう扱うかにかかわらず、それはすべて創造主が働きを行なう原則に一致しています。被造物として行なうべき唯一のことは服従です。他に選択肢があるはずはありません。

2 創造主が常に創造主であることを示しています。創造主は、いかなる被造物をも自身が欲するままに指揮して支配する権力と資格を有しており、そのための理由を必要としません。これが創造主の権威です。造られた存在である被造物のうち、創造主がどう行動すべきか、あるいは創造主のすることが正しいか否かを判定する権力や資格をもつものはありません。また、自分が創造主に支配されるべきか、指揮されるべきか、処置されるべきかについて、それらを選ぶ資格も被造物にはありません。同様に、いかなる被造物にも、創造主にどのように支配され、どのように処置されるかを選ぶ資格はありません。これは最高の真理です。

3 創造主が被造物に何をしようとも、そしてそれをどのように行なおうとも、創造主が造った人間にとって、すべきことはひとつだけです。つまり、創造主の定めるこの事実を求め、従い、知り、受け入れることです。最終的な結果は、創造主が自身の経営計画を完了し、自身の働きを達成し、経営計画が何の妨害も受けずに進行するようにさせることです。同時に、被造物は創造主の支配と采配を受け入れ、創造主の支配と采配に従ったため、被造物は真理を得、創造主の旨を理解し、その性質を知るに至ります。

『キリストの言葉の記録』の「真理を求めることでのみ神の業を知ることができる」より編集

前へ: 726 造られた者は神の意思に自らを委ねるべきだ

次へ: 728 あなたがたは本当に神の采配に服従できるか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索