私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して

雨風の中 あなたの後を追う

危険や苦難は真の愛 真情の炉

打たれた心は不滅の愛であなたを慕う

何度冬は春になっただろう!

苦きも甘きも味わってきた

秋風は絶え 春の花を歓迎する

気まぐれな戦士の生活!

あなたの思いが分かる

あなたは謙虚に世に来られたが

雨風に打たれて苦しむあなたに

誰も情けをかけない

群衆に拒まれた痛みは言葉にできないが

願いは御言葉に見ることができる

あなたのいのちの言葉は心を潤す

心は良くなりあなたを慕う

心が一つになるのはいつだろう?

あなたに創られた私はあなたのもの

信仰を断つのは永遠の罪

あなたの涙を私は拭う

あなたの願いを叶えるために心を捧げる


あなたは去り いつ戻るか分からず

辛い別れに涙を流す

去るのが嫌で残ったが心は切り裂かれ

眼を凝らしてあなたが戻るのを切望する

私のすさんだ心を隠せず

自責の念が心を貫抜く

海に隔てられても

友人のようなあなたに捧げ物を贈る

再会すれば微笑みかけてくれる

あなたのいのちの言葉は心を潤す

心は良くなり あなたを慕う

心が一つになるのはいつだろう?

あなたに創られた私はあなたのもの

信仰を断つのは永遠の罪

あなたの涙を私は拭う

あなたの願いを叶えるために心を捧げる

前へ: 我らが愛する全能神

次へ: 名残惜しい別れ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それに…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索