人が神に服従するための基準

人が神に従えるかどうかを決めるにあたり、おもに目を向けるべきことは、その人が神から贅沢な何かを欲しがるかどうか、その他の隠れた意図があるかどうかである。いつも神に要求をしているなら、それは神に従っていないこと、神と取引していること、自分の考えを選びそれに従って行動していることを証明している。これは裏切りであり、不服従である。神に要求をすることには理知がない。神は神であると心から信じているなら、理性的であろうとなかろうと、あえて神に要求をすることはなく、またそうする資格もないはずである。あなたが神への真の信仰を持ち、神は神であると信じているなら、神を崇拝して神に従うしか選択肢はない。

現在の人には選択肢があるだけでなく、自分の意図を神に押しつけることさえして、自分が神の考えに従って行動するどころか、神が自分の考えに従って振る舞うようにさせようとしている。ゆえに、そのような人に神への真の信仰はなく、信仰に含まれる実質もない。神への要求が少ないほど、真の信仰と従順さが増し、あなたの理知は比較的正しくなる。あなたが本当に従えるなら、神があなたを用いるかどうかにかかわらず、一心に従うことができ、地位があるかどうかにかかわらず、神のために自分を費やすことができる。そのとき初めてあなたは理知を持ち、神に従う人になる。

『キリストの言葉の記録』の「人はあまりに多くを神に要求する」より編集

前へ: 肉となった神に従う者だけが完全にされる

次へ: 神に従うための秘訣は最も新しい光を受け入れること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければなら…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索