私は一生涯を神に捧げたい

時に、神と過ごし

時に離れたが

神は誰より愛して下さる

神よ、私は反抗して

何度もあなたを悲しませた

どうして忘れられよう

私の中のあなたの業と託されたことを心に留め


御業によって最善を尽くしてきた

神は私に出来ることをご存知だ

私は生涯をあなたに捧げたい

何も求めず、希望も計画もない

ただあなたの計画に沿いたい

御心を為し、苦い盃を飲む

私はあなたのもの、命ずるままに


神よ、あなたが願い 命ずるままに

全てを捧げよう

神は私に何が出来るか

私の役割をご存知だ

全てを神に任せよう

私は生涯をあなたに捧げたい

何も求めず、希望も計画もない

ただあなたの計画に沿いたい

御心を為し、苦い盃を飲む

私はあなたのもの、命ずるままに


私はサタンに幾度も騙され

あなたに反抗して悲しませたが

あなたはそれらの過ちを覚えず

それらで私を評価しません

私は生涯をあなたに捧げたい

何も求めず、希望も計画もない

ただあなたの計画に沿いたい

御心を為し、苦い盃を飲む

私はあなたのもの、命ずるままに

前へ: 神の刑罰と裁きがなければ生きていけない

次へ: 最後の瞬間を惜しむ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働き…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいると…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索