真理を受け入れぬ者は救いを受けるに相応しくない

いのちの言葉と真理を聞く際に

何万とある言葉の中のたったひとつだけが

あなたの考えと聖書に一致していると思うかもしれない

あなたは万分の一の言葉の中に真理を求めるべきだ

己惚れないように

自信過剰にならないように

神はあなたに・・あなたに謙遜を教える

明確に語られた真理を受け入れられないなら

あなたは神の救いに相応しくないのではないか?

玉座に座る神の前に戻るという幸運を

逃す者ではないか?

神の前に戻るという幸運を


神に払うほんのわずかな畏敬でも

あなたに大きな光をもたらす

これらの言葉に思いを巡らせれば

真理であり いのちであることが分かるはずだ

終わりの日に偽キリストが現れても

無闇に神の言葉を非難してはならない

正道から外れることを恐れるあまり

聖霊を冒涜してはならない


多くを求め調べた後で

これらの言葉が真理でも

正しい道でも

神の表現でもないと考えるなら

あなたは懲罰を受け 祝福を失うだろう

明確に語られた真理を受け入れられないなら

あなたは神の救いに相応しくないのではないか?

玉座に座る神の前に戻るという幸運を

逃す者ではないか?

神の前に戻るという幸運を


『言葉は肉において現れる』の「あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である」より編集

前へ: 三位一体は存在するのか

次へ: 神の受肉とは簡単なことなのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな、…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能の…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索