真理を追求しない者は最後まで従えない

神が人間に対して行う業は、専ら人間が真理を得られるようにすることである。あなたにいのちを追求させるのは、あなたを完全にし、神に用いられる者として相応しい者とするためである。今あなたが追求しているのは、奥義の話を聞き、神の言葉を聞き、見栄えのする物事や、新しい物事を目にし、流行している物事は何かを見て、好奇心を満たすことのみである。あなたは、心の中の意向がこうしたものであるならば、神の必要条件を満たすことは全く出来ない。真理を追求しない者は、最後まで付き従うことができないであろう。現在においては、神が何も行っていないのではなく、人間が神の業に飽きたため協力せずにいる。人間は神の祝福の言葉を聞くことのみを求め、神の裁きや刑罰の言葉を聞くことを望まない。その原因は何であろうか。それは、祝福を得たいという欲望が満たされず、人間が否定的となり弱くなっているためである。それは、人間が神に付き従うことを神が意図的に許さないからでも、神が意図的に人間を打っているからでもない。人間が否定的であり、弱くなっているのは、ひとえに人間の意志が不適切だからである。神は人間にいのちを与える神であり、人間を死に至らしめることは有り得ない。人間の否定的部分や弱さ、逃避は、すべて自分自身から発生する。


『言葉は肉において現れる』の「神を信じるなら真理のために生きるべきである」より編集

前へ: 死の床で真理に目覚めても遅すぎる

次へ: 四つの格言

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残される…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索