真理を追求しない者は最後まで従えない

神が人間に対して行う業は、専ら人間が真理を得られるようにすることである。あなたにいのちを追求させるのは、あなたを完全にし、神に用いられる者として相応しい者とするためである。今あなたが追求しているのは、奥義の話を聞き、神の言葉を聞き、見栄えのする物事や、新しい物事を目にし、流行している物事は何かを見て、好奇心を満たすことのみである。あなたは、心の中の意向がこうしたものであるならば、神の必要条件を満たすことは全く出来ない。真理を追求しない者は、最後まで付き従うことができないであろう。現在においては、神が何も行っていないのではなく、人間が神の業に飽きたため協力せずにいる。人間は神の祝福の言葉を聞くことのみを求め、神の裁きや刑罰の言葉を聞くことを望まない。その原因は何であろうか。それは、祝福を得たいという欲望が満たされず、人間が否定的となり弱くなっているためである。それは、人間が神に付き従うことを神が意図的に許さないからでも、神が意図的に人間を打っているからでもない。人間が否定的であり、弱くなっているのは、ひとえに人間の意志が不適切だからである。神は人間にいのちを与える神であり、人間を死に至らしめることは有り得ない。人間の否定的部分や弱さ、逃避は、すべて自分自身から発生する。


『言葉は肉において現れる』の「神を信じるなら真理のために生きるべきである」より編集

前へ: 真理を追求しない者は後悔する

次へ: 死の床で真理に目覚めても遅すぎる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせよう…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索