第十八章

教会を建てるのは簡単なことではない。わたしは心をこめて教会建設に取り組んでいるが、サタンは教会を取り壊そうとあらゆる手を尽くしてくるだろう。鍛えられたかったら、ビジョンを持たなければならない。わたしによって生きなければならない。キリストの証人となり、キリストを高く掲げ、わたしに忠実でなければならない。言い訳はせずに無条件に従うべきである。どのような試練にも耐えて、わたしを由来とするものすべてを受け入れなければならない。聖霊が導くためにすることは何であろうと従わなければならない。鋭い霊を持ち、物事を識別する能力を持たなければならない。人々を理解し、むやみに他人に従ってはならず、つねに澄みきった霊的な目を保ち、物事を完全に把握しなければならない。わたしと同じ心を持つ人々はわたしを証し、サタンに対して決定的な戦いをしなければならない。あなたがたは鍛えられ、かつ戦いに挑まなければならない。わたしはあなたがたとともにいる。わたしはあなたがたを支える。わたしはあなたがたの避難所のである。

まずなすべきことは、自分を清め、別人になり、気性を安定させることである。良い状況、又は悪い状況においてもわたしによって生き、家にいようと、ほかのいかなる環境にあろうと、誰かほかの人のせいで、あるいは何かが起きたせいで気持ちを揺るがせてはならない。そして断固とした態度をとり、いつもどおり、キリストを生かし出し、神自身を表現しなければならない。自分の役割を実行し、当たり前のこととして自分の本分を果たさなければならない。これはただ一度でなされることはできず、長期にわたって続けられなければならない。わたしの心を自分の心としてとらえ、わたしの意志はあなたの考えにならなければならない。状況を全体としてとらえ、あなたの中からキリストがにじみ出るようにし、ほかの人々と協力して奉仕しなければならない。聖霊の働きに歩調を合わせ、聖霊の救いの方法に身を投じなければならない。無心になり、無邪気で率直にならなければならない。兄弟姉妹と正常に交わって関わり合い、霊において物事を行えるようになり、互いに愛し、彼らの力によって自分の弱さを補えるようになり、教会の中で鍛えられるように努めなければならない。そうすればあなたは本当に神の国にあずかることができるだろう。

前へ: 第十七章

次へ: 第十九章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

受肉の奥義(2)

ユダヤで働きを行なっていた当時、イエスは公然とそうしたが、今、わたしはあなたがたのあいだで秘かに働きを行ない、そして語る。未信者はまったくこれに気づいていない。あなたがたのあいだにおけるわたしの働きは、部外者には閉ざされている。これらの言葉、刑罰、そして裁きはあなたがただけに知ら…

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

堕落した人類は、受肉した神による救いをさらに必要としている

神が受肉したのは、自身の働きの対象がサタンの霊や肉体を持たない何かではなく、人間、つまり肉体を持ち、サタンに堕落させられた存在だからである。人間の肉体が堕落しているからこそ、神は肉体を持つ人間を働きの対象とした。さらに、人間は堕落の対象なので、神は救いの働きの全段階で、人間を自身…

救い主はすでに「白い雲」に乗って戻ってきた

数千年ものあいだ、人は救い主の到来を目の当たりにできることを熱望してきた。何千年にもわたって救い主イエスを切望し、渇望してきた人々のもとに、救い主イエスが白い雲に乗って自ら降臨するのを見たいと望んできたのだ。人はまた、救い主が戻ってきて自分たちと再会すること、すなわち、数千年にわ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索