第十八章

教会を建てるのは簡単なことではない。わたしは心をこめて教会建設に取り組んでいるが、サタンは教会を取り壊そうとあらゆる手を尽くしてくるだろう。鍛えられたかったら、ビジョンを持たなければならない。わたしによって生きなければならない。キリストの証人となり、キリストを高く掲げ、わたしに忠実でなければならない。言い訳はせずに無条件に従うべきである。どのような試練にも耐えて、わたしを由来とするものすべてを受け入れなければならない。聖霊が導くためにすることは何であろうと従わなければならない。鋭い霊を持ち、物事を識別する能力を持たなければならない。人々を理解し、むやみに他人に従ってはならず、つねに澄みきった霊的な目を保ち、物事を完全に把握しなければならない。わたしと同じ心を持つ人々はわたしを証し、サタンに対して決定的な戦いをしなければならない。あなたがたは鍛えられ、かつ戦いに挑まなければならない。わたしはあなたがたとともにいる。わたしはあなたがたを支える。わたしはあなたがたの避難所のである。

まずなすべきことは、自分を清め、別人になり、気性を安定させることである。良い状況、又は悪い状況においてもわたしによって生き、家にいようと、ほかのいかなる環境にあろうと、誰かほかの人のせいで、あるいは何かが起きたせいで気持ちを揺るがせてはならない。そして断固とした態度をとり、いつもどおり、キリストを生かし出し、神自身を表現しなければならない。自分の役割を実行し、当たり前のこととして自分の本分を果たさなければならない。これはただ一度でなされることはできず、長期にわたって続けられなければならない。わたしの心を自分の心としてとらえ、わたしの意志はあなたの考えにならなければならない。状況を全体としてとらえ、あなたの中からキリストがにじみ出るようにし、ほかの人々と協力して奉仕しなければならない。聖霊の働きに歩調を合わせ、聖霊の救いの方法に身を投じなければならない。無心になり、無邪気で率直にならなければならない。兄弟姉妹と正常に交わって関わり合い、霊において物事を行えるようになり、互いに愛し、彼らの力によって自分の弱さを補えるようになり、教会の中で鍛えられるように努めなければならない。そうすればあなたは本当に神の国にあずかることができるだろう。

前へ: 第十七章

次へ: 第十九章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を知らない人はすべて神に反対する人である

神の働きの目的、神の働きが人にもたらす効果、そして神の人への心意とは厳密に何であるのかを把握することは、神に従うすべての人が到達すべきことである。今日、すべての人に欠けているのは、神の働きを知ることに他ならない。天地創造から現在にいたるまで神が人に行なった業、神の働きの全体、そし…

もっと現実に集中しなさい

神に完全にされる可能性はすべての人にあるので、どのような奉仕が最も神の旨に適っているのかを皆が理解する必要がある。ほとんどの人は神を信じるということの意味を知らず、なぜ神を信じるべきなのかも理解していない。つまり、ほとんどの人は神の働きや神の経営(救いの)計画の目的をまったく理解…

受肉の奥義(3)

神は自身の働きを行なうとき、何らかの構築や運動にとりかかるためでなく、自身の職分を全うするためにやって来る。毎回神が肉となるのは、働きの一段階を遂行し、新しい時代を始めるためだけである。今や神の国の時代が到来し、同じく神の国への訓練が始まった。この段階の働きは人間の働きでも、人間…

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを享受することができず、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めてきた者は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索