忠実に神を満足させることを決意する

神が栄光を手にする日が 近づいているのが見える

私は過去を思い出し 心が後悔で満たされる

神に対して反抗的だった私には

耐え難い記憶が残っている

目覚めるのがこんなに遅いなんて 自分が嫌になる

神の愛に報いることができず 罪責感を感じる

私の行いはどれも 神の御心に適っていなかった

それでどうやって 心に安らぎと喜びが得られようか

神が受肉されたのは この世界で働きをされるため

人と一緒に生き 苦しみを分け合うため

人にとって神を愛することはとても意義深い

私はただ 自分の良心と理知のなさが嫌になる

誠実に神を愛さなかったことで 神に負い目を感じてしまう

私は神の愛をたくさん味わい

すぐにでも神に報いたいと心に望んでいる

でも 私の本性は逆らい

真理を実践せず 完全にされる多くの機会を逃してきた

私に残っているのは自責の念と後悔だけ

いっそう自分が忌まわしく嫌になる

私に真理の現実がないのは分かっている

いまだに身を入れて本分を尽くすこともできない

私の心は焦り 苦い涙が流れ

神に対面できないと深く感じた

神の恵みを注意深く数え上げることで

どんなに神が善良で愛らしいかを知った

神は私を救うため 大きな代価を払う

それなのに私は どうして神の愛に報いられないのだろうか

私は堕落から完全には抜け出していないけれど

真理の追求に最善を尽くしていく

道の最後まで 忠実に神を満足させていきたい

前へ: かけがえのない人生

次へ: 神に愛を捧げる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索