神を畏れる事によってのみ悪を避ける事が出来る

神の性質は威厳があり 怒りに満ちている 

神は誰かに屠られる羊でも操り人形でもなく

人々の言いなりになって動く

空気のような存在でもない

あなたが神の存在を信じるなら  

神を畏れる心を持つべきである 

神の本質を怒らせてはならない事を  

知るべきである

神の怒りを引き起こすものは

言葉や考え 教義や理論 卑劣な行いである

そしてまた道徳的には許される

些細な言動によっても生じる 

しかしあなたがひとたび神の怒りに触れれば

あなたは救いの機会を失うだろう 

そしてすぐに終わりが訪れるだろう

これは実に恐ろしい事である

もしもあなたが神に反する事は許されないという事を

知らずにいたら

あなたは神を畏れず

常に神に反するだろう

神に反するだろう

あなたが神をどのように畏れたらよいのか

分からないなら

神を畏れ悪を避ける神の道に従う事も出来ないだろう

あなたが神を怒らすべきではないと  

ひとたび心に留めて認識したなら  

神を畏れ悪を避けるという意味が分かるだろう

神の本質を怒らせてはならない事を知るべきである

神の怒りを引き起こすものは 

言葉や考え 教義や理論 卑劣な行いである  

あなたが神の存在を信じるなら

神を畏れる心を持つべきである

神の怒りを引き起こすものは 

言葉や考え 教義や理論 卑劣な行いである  

あなたが神の存在を信じるなら

神を畏れる心を持つべきである

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: 神を畏れ悪を避けるために必要な道

次へ: 人は神を畏れる心を持つべき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索