神を畏れる事によってのみ悪を避ける事が出来る

神の性質は威厳があり 怒りに満ちている 

神は誰かに屠られる羊でも操り人形でもなく

人々の言いなりになって動く

空気のような存在でもない

あなたが神の存在を信じるなら  

神を畏れる心を持つべきである 

神の本質を怒らせてはならない事を  

知るべきである

神の怒りを引き起こすものは

言葉や考え 教義や理論 卑劣な行いである

そしてまた道徳的には許される

些細な言動によっても生じる 

しかしあなたがひとたび神の怒りに触れれば

あなたは救いの機会を失うだろう 

そしてすぐに終わりが訪れるだろう

これは実に恐ろしい事である

もしもあなたが神に反する事は許されないという事を

知らずにいたら

あなたは神を畏れず

常に神に反するだろう

神に反するだろう

あなたが神をどのように畏れたらよいのか

分からないなら

神を畏れ悪を避ける神の道に従う事も出来ないだろう

あなたが神を怒らすべきではないと  

ひとたび心に留めて認識したなら  

神を畏れ悪を避けるという意味が分かるだろう

神の本質を怒らせてはならない事を知るべきである

神の怒りを引き起こすものは 

言葉や考え 教義や理論 卑劣な行いである  

あなたが神の存在を信じるなら

神を畏れる心を持つべきである

神の怒りを引き起こすものは 

言葉や考え 教義や理論 卑劣な行いである  

あなたが神の存在を信じるなら

神を畏れる心を持つべきである

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: 神を畏れ悪を避けるために必要な道

次へ: 人は神を畏れる心を持つべき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索