もっと現実に集中しなさい

神に完全にされる可能性はすべての人にあるので、どのような奉仕が最も神の旨に適っているのかを皆が理解する必要がある。ほとんどの人は神を信じるということの意味を知らず、なぜ神を信じるべきなのかも理解していない。つまり、ほとんどの人は神の働きや神の経営(救いの)計画の目的をまったく理解していないのだ。大半の人々は今も、神を信じることの目的は、天国へ行って魂の救いを得ることだと考えている。彼らは神を信じることの厳密な意義を何も知らず、さらに神の経営計画の最も重要な働きについても一切理解していない。理由は個人によりさまざまだが、誰もが神の働きに一切関心を持っておらず、神の意図や経営計画について考えることもまったくない。一人一人がこの流れの中にいる者として、神の経営計画全体の目的と、神がもうずっと前に成し遂げた事柄、この一群の人々を選んだ理由、彼らを選んだ目的と意味、そしてその人々の中で何を実現しようとしているのかを知らねばならない。神が赤い大きな竜の国でこのような目立たない一群の人々を起こすことができたこと、そして現在に至るまで働きを続け、あらゆる方法で彼らを試み完全にし、無数の言葉を語り、多くの働きを行い、多数の役立つ物事を送り出してきたこと――神が単独でこのような偉大な働きを成し遂げたことは、神の働きがいかに意義深いかを示している。現時点で、あなたがたはそれを完全に認識することができない。それゆえ、神があなたがたの中で行なった働きを些細なものと考えてはならない。それは小さなことではないのだ。神が今日露わにした物事だけでも、あなたがたは見抜き理解しようと努めるのに精一杯だ。それを真にかつ完全に理解して初めて、あなたの経験は深まり、いのちが成長できるのだ。現在、人々が理解し行動していることはあまりにも少なく、彼らに神の意図を完全に成し遂げることはできない。これは人間の欠点であり、人は自分の本分を尽くすのに失敗しているため、望まれる結果を出すことができないのだ。聖霊が多くの人々の中で働きを行う術を持たないのは、人々が神の働きについて非常に浅い理解しか持っておらず、神の家の働きを貴重なものとみなして行おうとしていないからだ。彼らは相も変わらず形ばかりの働きをしてやり過ごすか、でなければ単に多くの人に従ったり、人に見せるためだけに働いたりしている。現在この流れの中にいる人はそれぞれが、自分の活動や行為の中でできるだけのことをしたかどうか、全力を尽くしたかどうかをふり返ってみる必要がある。人々は本分を尽くすことに完全に失敗しているが、それは聖霊が働きを行っていないからではなく、人々が自分の働きを行わないため、聖霊がその働きを行えずにいるからなのだ。神はすでに言うべき言葉を語り終えているが、人間はそれにまったくついて行けずひどく遅れており、一つ一つの段階から離れずにいること、子羊の足取りにしっかりと付き従うことができずにいる。彼らは守るべきことを守っておらず、実践すべきことを実践しておらず、祈るべきことを祈っておらず、捨て去るべきことを捨て去っていない。こうしたことをいずれも行っていないのだから、宴に参加するなどという話は空虚であり、何の現実的な意味もなく、人々の空想の産物でしかない。今になってみると、人々は自らの本分をまったく果たしてきていないと言える。すべては神自身が行い語ることに依存しており、人間が果たしてきた役割はあまりにも小さい。人は神と協調することができない、役立たずの屑なのだ。神は無数の言葉を語ってきたが、人はそのいずれも実践に移していない。神の言葉は、肉を捨てること、観念を捨て去ること、万事において神への服従を実践しつつ判断力を養い見識を得ること、心の中に人の居場所を作らないこと、心の中の偶像を消し去ること、不正な意図に抗うこと、感情に基づいて行動しないこと、物事を公平に偏見なく行うこと、語るときには神の利益と他者への影響にもっと配慮すること、神の働きのためになることをもっと多く行うこと、あらゆる行動において神の家の利益を念頭に置くこと、感情に行動を支配させないこと、自分の肉を喜ばせる物事を捨て去ること、自分勝手な旧来の観念を排除することなど、多岐に渡っている。実際、人々は神が突きつけるこうした要求の一部を理解してはいるが、単にそれを実践に移す気がないのだ。神には他に何ができるだろうか。他にどんな方法で、人間を動かすことができるだろうか。神の目から見た反逆の子らは、どうやっていまだに厚かましくも神の言葉を取り上げ称賛することができるのか。どうやって厚かましくも神の食べ物を食べられるのか。人々の良心はどこにあるのか。彼らは自分が尽くすべき最低限の本分すら尽くしておらず、全力を注ぐことなど言うまでもない。彼らは夢想の中に生きているのではないか。実践なくして現実を語れるはずがない。それはこの上なく明白な事実である。

あなたがたはもっと現実的な教訓を学ぶ必要がある。人々が感服するような、大げさで空虚な話は必要ない。認識について語ることについては、各人が次々と上達しているにもかかわらず、皆がいまだに実践の道を得ていない。実践の原則を理解している者は何人いるだろうか。実際に教訓を学んだ者は何人いるだろうか。誰が現実について説教できるのか。神の言葉についての認識を語れることは、本物の霊的背丈を持っていることを意味するわけではなく、ただあなたが生まれつき利口で才能があることを示すだけだ。道を指し示すことができないなら結果は得られず、あなたは役立たずの屑になるのだ。実際の実践の道について何も語れないなら、あなたはただ知ったかぶっているだけではないのか。自分の実際の経験を他者に示し、学べる教訓や辿れる道を与えることができないなら、ただごまかしているだけではないのか。あなたは偽者ではないのか。あなたに何の価値があるというのか。そのような人は「社会主義理論の創始者」の役割しか演じられず、「社会主義実現の貢献者」にはなれないだろう。現実が欠如しているということは、真理を持っていないということだ。現実が欠如しているということは、何の役にも立たないということだ。現実が欠如しているということは、生ける屍だということだ。現実が欠如しているということは、言及に値しない「マルクス・レーニン主義の思想家」だということだ。わたしはあなたがた一人一人が、理論を語るのをやめ、現実の物事や本物で実体のある物事について語るよう求める。少し「現代芸術」を研究し、現実的な話をし、何か実際の貢献をし、献身の精神を持つようにしなさい。語るときには現実と向き合い、非現実的で大袈裟な話に没頭して人を喜ばせたり、注目を浴びるよう努めたりしてはならない。そんなことに何の価値があるのか。人々に暖かく扱ってもらうことに何の意味があるのか。話をするときは少し「芸術的」になり、行動するときはもう少し公正に振る舞い、物事を扱うときはもう少し合理的になり、言うことはもう少し現実的にし、すべての行動において神の家に利益をもたらすことを考え、感情的になったときは自分の良心に耳を傾け、恩を仇で返したり恩知らずになったりしないようにし、偽善的にならないようにしなさい。そうでないと、あなたは悪い影響を及ぼすようになる。神の言葉を飲み食いするときは、それをもっと密接に現実と結びつけ、交わりを持つときはもっと現実的なことを話すようにしなさい。人を見下してはならない。それは神を満足させない。他の人々と交流するときはもう少し忍耐強くなり、もう少し譲歩し、もう少し寛大になって、「宰相の精神[a]」から学びなさい。良くない考えを抱いたときは、もっと肉を捨て去ることを実践しなさい。働くときはもっと現実的な道について語り、高尚になり過ぎないようにしなさい。高尚になり過ぎると、人々はあなたの言うことを成し遂げられなくなる。楽しみを減らし、貢献を増やして、無私な献身の精神を示しなさい。神の意図にもっと配慮し、自分の良心の声にもっと耳を傾け、もっと注意深くなり、神が毎日あなたがたに忍耐強く熱心に語りかけていることを忘れないようにしなさい。「昔の暦」をもっと頻繁に読み、もっと祈りを捧げ、もっと頻繁に交わりを持ちなさい。そんなにぼんやりしていないで、少し理知を示し、少し見識を得なさい。罪の手が伸びたときは、その手を引き戻し、遠くまで伸ばさないようにしなさい。それは何の役にも立たず、神から得るものは呪いだけになるので注意することだ。他人に対しては憐れみの心を持ち、いつも武器を手にして攻撃するのをやめなさい。真理の認識についてもっと交わりを持ち、もっといのちについて語り、他人を助ける精神を持ち続けなさい。行動を増やし、語ることを減らしなさい。もっと実践に力を注ぎ、調査や分析は減らしなさい。もっと聖霊に動かされるようになり、神に完全にされる機会を増やしなさい。人間的要素をもっと排除しなさい。あなたがたはまだあまりに多くの人間的方法で物事を行なっていて、その表面的な行動や態度は他者にとって非常に不快だ。そうしたものをもっと排除しなさい。あなたがたの精神状態はまだあまりにも忌まわしいので、その是正にもっと多くの時間を費やしなさい。あなたがたはまだ人々に多くの地位を与えすぎているので、神にもっと高い地位を与え、そのように不合理であることをやめなさい。「神殿」は常に神のものであり、人間に占領されてはならないのだ。要するに、もっと義を重視し、感情を重視するのはやめなさい。最もよいのは肉を排除することだ。もっと現実を語り、認識を語るのは避けなさい。最もよいのは口を閉ざし、黙していることだ。もっと実践の道について語り、価値のない大袈裟な話は避けなさい。実践は今すぐ始めるのが一番だ。

人間に対する神の要求は、それほど高度なものではない。多少の努力をすれば、「及第点」を取れるだろう。実際、真理を理解し、知り、把握することは、真理を実践することよりも複雑である。真理を知り把握することは、真理を実践した後に可能になる。それが聖霊の働く手順であり、方法なのだ。どうしてそれに従えないことがあろうか。自分のやり方で物事を行って、聖霊の働きを得られるのか。聖霊はあなたの都合で働くのか、それとも神の言葉に照らしたあなたの欠陥に基づいて働くのか。このことをはっきり理解できないなら意味がない。なぜほとんどの人は、多大な労力を費やして神の言葉を読んでいながら、その後にもただ認識を得るだけで、現実の道について何も言うことができないのだろうか。認識を得れば、そのまま真理を得ることになると思っているのか。それは混乱した見方ではないか。あなたは砂浜の砂粒ほど膨大な数の認識を語ることができるが、そのどれにも現実の道は含まれていない。あなたはその話で人々を欺こうとしているのではないか。ただ空虚な見栄を張っているだけで、その裏付けとなる実質は何もないのではないか。そのような行為はすべて人々に有害だ。理論が高尚で現実性が欠如していればいるほど、人々を現実に導くことはできなくなり、理論が高尚であればあるほど、あなたは神に背き反抗するようになる。最も高尚な理論を貴重な宝のように扱うのはやめなさい。そうした理論は悪質であり、何の役にも立たない。一部の人々は最も高尚な理論を語れるかもしれないが、そこには何の現実も含まれていない。彼らはそれを自分で経験しておらず、そのため実践の道を一切持っていないからだ。そのような人は他者を正しい道に導くことができず、道に迷わせるだけだ。それは人々にとって有害ではないか。あなたは最低限として、人々の現在の問題を解決し、彼らに入りを成し遂げさせることができなければならない。それだけが献身と見なされるのであり、そうして初めてあなたは神のために働く資格を得ることになる。尊大で非現実的な言葉ばかり語ったり、多くの不適切な実践で人々を縛って自分に従わせたりしてはならない。そのようにしても何の効果もなく、彼らをますます困惑させるだけだ。そのようにしていると、数多くの教義が生み出され、それが原因で人々はあなたを嫌悪するようになるだろう。これは人間の欠点であり、極めて恥ずかしいことだ。だから、もっと実際に存在する問題について語りなさい。他人の経験を自分自身の財産として扱ったり、それを他人に見せびらかしたりしてはならない。一人一人が自分自身の解決策を探し出さねばならないのだ。それが、各人が実践するべきことなのである。

あなたの説教が人々に歩むべき道を与えられるなら、あなたは現実を備えていることになる。何を語るにせよ、あなたは人々を実践へと導き、皆が従うことのできる道を与えなければならない。人々が認識を得られるようにするだけでは不十分であり、もっと重要なのは歩むべき道を持つことなのだ。神を信じるには、神が働きによって導く道を歩まねばならない。すなわち神を信じる過程とは、聖霊に導かれる道を歩む過程なのだ。そのためあなたがたは、何としても歩むことのできる道を得なければならず、神に完全にされる道に踏み出さなければならない。あまり後れを取ったり、あまり多くの事柄を心配したりしていてはならない。神に導かれる道を、妨げることなく歩んだ場合のみ、聖霊の働きを受けて入りの道を得ることができる。そしてそれだけが、神の意図に沿っていること、人間の本分を尽くしていることとみなされるのだ。各人がこの流れの中の一人として、自分の本分を適切に尽くし、人がするべきことをより多く行い、自分勝手な行動を慎む必要がある。働きを行う者は言葉を明瞭にしなければならず、付き従う者は苦難に耐えることと従うことにもっと集中しなければならず、皆が自分の場所に留まり、そこから逸脱しないようにする必要があるのだ。それぞれの心の中で、自分がどのように実践すべきか、どんな役割を果たすべきかが明確になっていなければならない。聖霊に導かれる道を歩み、道に迷ったり、道を誤ったりしないようにしなさい。あなたがたは現在の働きを明確に把握しなければならない。実践すべきことは、現在の働き方に入ることだ。それが、あなたがたがまず入らねばならないことなのだ。それ以外のことについて、それ以上無駄な言葉を費やすのはやめなさい。今日神の家の働きを行うことがあなたがたの責任であり、今日の働き方に入ることがあなたがたの本分であり、今日の真理を実践することがあなたがたの重荷なのだ。

脚注

a. 宰相の精神:心が広く寛大な者を表す中国の慣用表現。

前へ: あなたと神との関係はどのようなものか

次へ: 戒めを守ること、真理を実践すること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である

神が受肉したのは、その働きの対象がサタンの霊や肉体を持たない何かではなく、人間、つまり肉体をもち、サタンに堕落させられた存在だからである。人間の肉体が堕落しているからこそ、神は肉体をもつ人間を働きの対象とした。さらに、人間は堕落の対象であるため、神は救いの働きの全段階で、人間をそ…

働きと入ること(5)

現在、あなたがたはみな、誰もがそれぞれ自由な世界で生きていけるように、神が人間を人生の正しい道へと導いていること、もう一つの時代への次なる一歩を踏み出すよう人間を導いていること、この暗く古い時代を超えるように人間を肉の外へ導き、闇の勢力の抑圧とサタンの影響から遠ざけていることを知…

終着点について

終着点に関する話になると必ず、あなたがたはその話を特に真剣に受け止める。あなたがたは全員この話題について特に敏感である。好ましい終着点に辿り着くために、神にひれ伏すのを切望する者もいる。あなたがたが切望する気持ちはわたしにも理解でき、それを言い表すことは不要である。あなたがたは自…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索