174 しっかり神につき従う

1

夜は深く、静か。外では犬が吼え、サイレンが鳴る

私の心は恐れる。いつでも逮捕され、投獄されかねない

家から逃げるが、どこに避難できるか見当もつかない

人権を奪われ、大変な迫害と患難に苦しむ

この悪魔どもの要塞ではサタンが力を握る。実に暗い場所だ

光と真理は人の間では禁じられている

赤い大きな竜は人を支配しようと妄想を抱き

人が真の神を拝んで正しき道を歩むのを止めようとする

「信仰の自由」が嘘に過ぎないことを私は憤る

キリストの国が早く来ますように

2

暗黒の夜、神の言葉が私たちを一歩一歩導く

迫害の苦しみの中で、私たちの信仰は完全にされ、

精錬の中で、私たちの堕落した性質は清められ

大患難の中で、勝利者の一群が作られる

神の民は、何を愛し、何を憎むべきかを知り、神につき従う

未信者はただ命を惜しみ、真理を捨てる

臆病で自分の品格と尊厳を失った

神を愛する者は、真理を得るために命を捧げる

赤い大きな竜は神に仕える道具に過ぎない

野蛮だが、最後には神に滅ぼされる

コーラス

神の言葉は、苦難の中、私と共にある。

神の恵みを思うと、私は神が一層愛しく感じられる

険しい道で、義のゆえに迫害されても、

苦渋の中に甘美さがあり、私は栄光を感じる

私はキリストが真理、道、いのちであると信じ、

命をかけてキリストに忠心を尽くし、しっかりつき従う

前へ: 173 私の決意は迫害によって強まる

次へ: 178 別れの時

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索