終わりの日のキリストを見捨てる者は永遠に罰を受けるだろう

人々は神が語ることに気を留めないかもしれないが

イエスに従う聖徒全てに神は伝えたいことがある


イエスが雲に乗って降りてくるのを目にする時

それは義の太陽の公の現れである

あなたはイエスの降臨を見て

心躍らせるかもしれないが

それは地獄の罰を受ける時でもあると知るだろう

それは神の救いの計画の終わりを予告するものであり

神は善人に報いるが 悪人には罰を与える

なぜなら 人々がしるしを見る前

すなわち真理の表現しかない時に

神の裁きは終わったから 終わったからである


しるしを求めるのではなく

真理を受け入れる人は清められ

神の玉座の前に戻り

神に抱かれる

しかし白い雲に乗って来ないイエスは偽者だと

未だに信じている者は永遠に罰を受けるだろう

なぜなら彼らはしるしを見せるイエスだけを信じ

厳しく裁き 真のいのちの道を示すイエスを

信じないからである

だから白い雲に乗って公に再来する時イエスは

彼らを取り扱うしかない

イエスは白い雲に乗って

『言葉は肉において現れる』の「あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である」より編集

前へ: 万物の主権を握るお方

次へ: 神は我々のところに静かに到来する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなかっ…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた方…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索