神の到来を迎えられて幸い

神の到来を迎えられて幸いだ

私たちは幸いにも神の到来を迎え、神の御声を聞く

幸いにも神の到来を迎え、小羊の祝宴の席につく

受肉した全能神を知り、その奇しき御業を見る

私たちは人生の奥義を理解する。全能神の御言葉は最も貴い

御言葉を飲み食いし、御前に生き、もう探し回らなくてもいい

神の裁きを経験して苦しむが、清められる

真理と永遠のいのちの道を得て、神を愛することを求め、決して悔いることはない


この人生は実に祝福されている。神を愛する者になれたとは。

この人生は実に祝福されている。神に称賛されるとは。

本分を尽くし、神を証し、真理を求めることは最も意義がある

誰がこれ以上幸いになれるか

誰がこれ以上の祝福を得られるか

神が真理といのちを授けてくださる。私たちは神のために生きなくては

私たちは神のために生きなくては

神の愛に報いるため、真理を得て、神を証する

誰がこれ以上幸いになれるか

誰がこれ以上の祝福を得られるか

神が真理といのちを授けてくださる。私たちは神のために生きなくては

私たちは神のために生きなくては

神の愛に報いるため、真理を得て、神を証する

私たちは神のために生きなくては

神の愛に報いるため、真理を得て、神を証する

神の愛に報いるため、真理を得て、神を証する

前へ: 心のふれあいの歌

次へ: 愛ゆえに

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それに…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索