神の到来を迎えられて幸い

神の到来を迎えられて幸いだ

私たちは幸いにも神の到来を迎え、神の御声を聞く

幸いにも神の到来を迎え、小羊の祝宴の席につく

受肉した全能神を知り、その奇しき御業を見る

私たちは人生の奥義を理解する。全能神の御言葉は最も貴い

御言葉を飲み食いし、御前に生き、もう探し回らなくてもいい

神の裁きを経験して苦しむが、清められる

真理と永遠のいのちの道を得て、神を愛することを求め、決して悔いることはない


この人生は実に祝福されている。神を愛する者になれたとは。

この人生は実に祝福されている。神に称賛されるとは。

本分を尽くし、神を証し、真理を求めることは最も意義がある

誰がこれ以上幸いになれるか

誰がこれ以上の祝福を得られるか

神が真理といのちを授けてくださる。私たちは神のために生きなくては

私たちは神のために生きなくては

神の愛に報いるため、真理を得て、神を証する

誰がこれ以上幸いになれるか

誰がこれ以上の祝福を得られるか

神が真理といのちを授けてくださる。私たちは神のために生きなくては

私たちは神のために生きなくては

神の愛に報いるため、真理を得て、神を証する

私たちは神のために生きなくては

神の愛に報いるため、真理を得て、神を証する

神の愛に報いるため、真理を得て、神を証する

前へ: この心の憧

次へ: 再臨

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索