第四十二章

全能神の業は偉大である! 何と不思議なものか! 何と素晴らしいものか! 七つのラッパが鳴り響き、七つの雷が轟き、七つの鉢が投げられる。これはただちに公然と明かされ、そこに疑いの余地はない。神の愛は日々私たちのところに来る。全能神だけが私たちを救うことができる。私たちが不幸に遭うか祝福を受けるかは、まったく神にかかっており、私たち人間にこれを決める術はない。心の底から自らを神に捧げる者は、必ずや豊かな祝福を受けるが、自分の生命を守ろうとする者は生命を失うだけである。すべての物事は全能神の手の中にある。もうあなたの歩みを止めてはならない。とてつもない変化が天と地に迫っており、人間に隠れる術はない。苦い痛みを感じながら嘆き悲しむしか、人間には選択の余地がない。聖霊が現在行なっている働きに従いなさい。聖霊の働きが進行してきた過程については、あなたは自分の中ではっきりしているべきであり、もはや他の人に思い出させてもらう必要はない。今はできるだけ多く全能神の前に戻り、すべてのことを尋ねなさい。全能神は必ずやあなたの内を照らし、大切な時にはあなたを守る。恐れてはならない。神はすでにあなたの全存在を所有している。神の加護と配慮があれば、恐れるものなど何があろう。今日、神の旨の成就が間近に迫っており、恐れる者は誰であれ損失を被ることになる。わたしがあなたに言っていることは真実である。あなたの霊の目を開きなさい。天は瞬時に変化できるが、あなたが恐れるものは何なのか。神の手がほんの少し動くだけで、天と地はすぐに滅ぼされる。ならば、人間がやきもきして何になるというのか。すべては神の手の中にあるのではないか。神が天と地に変わるように命じれば、それらは変わる。私たちは完全にされると神が言えば、私たちは完全にされるのである。人間が心配する必要はなく、ただ静かに前進すべきである。しかし、できる限り注意を払い、警戒していなければならない。天は瞬時に変わり得る。どれほど大きく肉眼を開けていようと、人はほとんど何も見ることができない。今は見張っていなさい。神の旨が成就し、神の事業が完了し、神の計画は成功し、神の子らはみな神の玉座に到着した。彼らは全能神と共にすべての国と民を裁きに来る。教会を迫害し、神の子らを傷つけてきた者たちは厳しい懲罰を受ける。これは確かである! 自分自身を心から神に捧げ、すべてを固守する者たちを、神は必ずや変わることなく永遠に愛するのだ!

前へ: 第四十一章

次へ: 第四十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖書について(4)

聖書を理解して解釈できることは、真の道を見つけるのと同じことだと多くの人が信じている。しかし、物事は本当にそれほど単純だろうか。聖書の実情を知る人はいない。つまり、聖書は神の働きに関する歴史的記録に過ぎず、神による以前の二段階の働きについての証しであること、また聖書は神の働きの目…

経験について

ペテロはさまざまな経験をする中で、何百もの試練に遭遇した。今日の人々は、「試練」という言葉を知ってはいるが、その真の意味や状況をまったく理解していない。神は人間の決意を強化したり、信心を精錬したり、人間のあらゆる部分を完全にしたりするが、それはほとんど試練を通して成し遂げられる。…

第十八章

稲光の中、すべての動物は真の姿を明らかにする。そして、わたしの光に照らされて、人間もまた、かつての聖さを取り戻した。ああ、過去の堕落した世界よ。それはついに汚い水の中へと崩れ去り、水面の下に沈み、溶けて泥となった。ああ、わたしの創った全人類が、ついに再び光の中でよみがえり、存在の…

祈りの実践について

あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索