第四十二章

全能神の業は偉大である! 何と不思議なものか! 何と素晴らしいものか! 七つのラッパが鳴り響き、七つの雷が轟き、七つの鉢が投げられる。これはただちに公然と明かされ、そこに疑いの余地はない。神の愛は日々私たちのところに来る。全能神だけが私たちを救うことができる。私たちが不幸に遭うか祝福を受けるかは、まったく神にかかっており、私たち人間にこれを決める術はない。心の底から自らを神に捧げる者は、必ずや豊かな祝福を受けるが、自分の生命を守ろうとする者は生命を失うだけである。すべての物事は全能神の手の中にある。もうあなたの歩みを止めてはならない。とてつもない変化が天と地に迫っており、人間に隠れる術はない。苦い痛みを感じながら嘆き悲しむしか、人間には選択の余地がない。聖霊が現在行なっている働きに従いなさい。聖霊の働きが進行してきた過程については、あなたは自分の中ではっきりしているべきであり、もはや他の人に思い出させてもらう必要はない。今はできるだけ多く全能神の前に戻り、すべてのことを尋ねなさい。全能神は必ずやあなたの内を照らし、大切な時にはあなたを守る。恐れてはならない。神はすでにあなたの全存在を所有している。神の加護と配慮があれば、恐れるものなど何があろう。今日、神の旨の成就が間近に迫っており、恐れる者は誰であれ損失を被ることになる。わたしがあなたに言っていることは真実である。あなたの霊の目を開きなさい。天は瞬時に変化できるが、あなたが恐れるものは何なのか。神の手がほんの少し動くだけで、天と地はすぐに滅ぼされる。ならば、人間がやきもきして何になるというのか。すべては神の手の中にあるのではないか。神が天と地に変わるように命じれば、それらは変わる。私たちは完全にされると神が言えば、私たちは完全にされるのである。人間が心配する必要はなく、ただ静かに前進すべきである。しかし、できる限り注意を払い、警戒していなければならない。天は瞬時に変わり得る。どれほど大きく肉眼を開けていようと、人はほとんど何も見ることができない。今は見張っていなさい。神の旨が成就し、神の事業が完了し、神の計画は成功し、神の子らはみな神の玉座に到着した。彼らは全能神と共にすべての国と民を裁きに来る。教会を迫害し、神の子らを傷つけてきた者たちは厳しい懲罰を受ける。これは確かである! 自分自身を心から神に捧げ、すべてを固守する者たちを、神は必ずや変わることなく永遠に愛するのだ!

前へ: 第四十一章

次へ: 第四十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第十六章

人間に言いたいことは、実に数多くある。わたしが人間に言わなければならないことが実に多いのだ。しかし、人間の受け入れる力はあまりに限られている。わたしが語る言葉をそのまま完全に把握することができないのだ。そして、一面だけを理解し、他は知らずにいる。だが、人間が無力だからといって、死…

唯一無二の神自身 1

神の権威(1)過去数回の交わりは、神の働き、神の性質、そして神自身に関するものでした。これらの交わりを聞いて、神の性質についての理解と認識を得たと思いますか。どの程度の理解と認識を得ましたか。それを数え上げることはできますか。これらの交わりによって、神に関するより深い理解を得られ…

祈りの実践について

あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあ…

実践(2)

過去において人は神と共にあり、一瞬一瞬を霊の中で生きるために自分を訓練した。それは今日の実践に比べると単純な形態の霊的訓練である。それは人がいのちの正しい軌道に乗る前に行われる最も浅く単純な実践方法であり、人の神への信仰における実践の第一段階を成す。人が常にこのような実践に頼るな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索