あなたは信仰ゆえにとても多くのものを得た

裁きの過程の中

神の創造の行く末と

創造主は愛されるべきことを知る

征服の働きにおいて

人生を完全に理解して

あなたは神の腕を見る

この征服において

あなたは「人間」の真の意味を知り

人生の正しい道を得る

神の義の性質美しい栄光を見て

人の起源全てを学び

「不朽の歴史」を知る

「信仰」の言葉で大いに裁かれ呪われるが

真の信仰と最も真実で貴重なものを

あなたは得ている

真の信仰ゆえに

この征服において

あなたは先祖と堕落の元を知り

相応しい祝福・不運を得る

喜びと慰め

終わりなき懲らしめ・訓練

創造主から被造物への叱責を受ける

「信仰」の言葉で大いに裁かれ呪われるが

真の信仰と最も真実で貴重なものを

あなたは得ている

真の信仰ゆえに

全ては小さい信仰のゆえでないか

一度会得をすれば成長する

あなたは多くのものを得たのではないか

それが真実信仰ゆえに

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内なる真実(1)」より編集

前へ: 真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

次へ: 神の信者が得るべき最も大事なもの

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索