神を信じるなら神の前で心を捧げなさい

あなたは神を信じているのだから、神の前にあなたの心を差し出さねばならない。神の前であなたの心を捧げ、あなたの心を神に委ねるなら、精錬の間にあなたが神を否定することや神から離れることはできなくなるだろう。このようにして神とのあなたの関係はより親密により正常になり、神との交わりはより頻繁になるだろう。常にこのように実践すれば、あなたはさらに多くの時間を神の光の中で過ごし、神の言葉の導きの下でより多くの時間を過ごし、あなたの性質にもより多くの変化が起き、認識は日々増えるだろう。

その日が来て神の試練が突然降りかかっても、あなたは神の側に立つことができるだけでなく、神への証も立てることができるだろう。その時、あなたはヨブやペテロのようであるだろう。神への証を立て、あなたは真に神を愛し、喜んで神のために命を投げだすだろう。あなたは神の証人であり、神に愛される者となろう。精錬を経た愛は強く、弱くはない。いつ、どのように神があなたを試練にあわせるかにかかわらず、あなたは自らの生死に悩むことなく、喜んで神のためにすべてを捨て、神のためにどんなことでも耐えることができる。かくして、あなたの愛は純粋になり、信仰は真となるだろう。そうして初めてあなたは真に神に愛される者となり、神により全き者となるのである。

『言葉は肉において現れる』の「精錬を経験することでのみ、人は真の愛をもつことができる」より編集

前へ: 心を神に立ち返らせて神の麗しさを感じよ

次へ: あなたの心は神に立ち返ったか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索