神に真心を捧げる

祝福され神の国に入るため 私は神の家に身を寄せた

私は本分を尽くしていたけれど 

そこには取引するような態度が混ざっていた

神の言葉の裁きと啓示だけが 

自分の堕落の真相をはっきりと見せてくれた

わがままで嘘つきな私は とっくに良心と理知をなくしていた

神は 私の堕落した性質がじきに変わることを願い 

ひたすら御言葉で教えてくださる

息子の帰りを待つ母親のように 神は待ち続け 望み続ける

神の恵みを思い起こすと この心は悔恨の念であふれる

あんなに神に反抗し 神を欺くべきではなかった

自分の深い堕落がほんとうに嫌になる

真理を求めないことで 神の心を深く傷つけてきた

完全にされる多くの機会を逃してきた

多くの好機が失われた

反抗して神を傷つけ続けることなどできようか

これからは進んで真理を求め 人間らしく生きていく


真理を得られるように、努力して神の言葉を実践する

多くの堕落が露わになるが 

神の言葉が私を裁き 刑罰を与えてくれる

苦難や苦痛はあるけれど 

神の言葉が常に私と共にある

神の聖さと義についていくぶん認識を得た私の心に 

神への畏れが芽生えた

私は快楽を貪った自分を嫌悪し 

神の心を思いやり真理を実践しようと決意する

過去を振り返り 神の恵みを思い起こすと 

神だけが愛であることが分かる

絶え間ない刈り込み、取り扱い、試練、精錬が 

常に私と共にあったおかげで 私は変わった

甚大な神の恵みに私は報いていなかった

罪責感に満たされて 神の顔を見ることができない

神の恵みを得て 心から感謝している

残りの日々をより大切にしようと思う

今度こそ 神のために生き 

神に栄光を帰し神を証しする誠実な人になりたいと願う

誠実な心を神に捧げ 

神の愛に報いるために本分を尽くしていこうと思う

前へ: 神を愛する機会を大切に

次へ: 私は神が満足されることだけを求めます

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索