252 神に真心を捧げる

祝福され神の国に入るため 私は神の家に身を寄せた

私は本分を尽くしていたけれど 

そこには取引するような態度が混ざっていた

神の言葉の裁きと啓示だけが 

自分の堕落の真相をはっきりと見せてくれた

わがままで嘘つきな私は とっくに良心と理知をなくしていた

神は 私の堕落した性質がじきに変わることを願い 

ひたすら御言葉で教えてくださる

息子の帰りを待つ母親のように 神は待ち続け 望み続ける

神の恵みを思い起こすと この心は悔恨の念であふれる

あんなに神に反抗し 神を欺くべきではなかった

自分の深い堕落がほんとうに嫌になる

真理を求めないことで 神の心を深く傷つけてきた

完全にされる多くの機会を逃してきた

多くの好機が失われた

反抗して神を傷つけ続けることなどできようか

これからは進んで真理を求め 人間らしく生きていく

真理を得られるように、努力して神の言葉を実践する

多くの堕落が露わになるが 

神の言葉が私を裁き 刑罰を与えてくれる

苦難や苦痛はあるけれど 

神の言葉が常に私と共にある

神の聖さと義についていくぶん認識を得た私の心に 

神への畏れが芽生えた

私は快楽を貪った自分を嫌悪し 

神の心を思いやり真理を実践しようと決意する

過去を振り返り 神の恵みを思い起こすと 

神だけが愛であることが分かる

絶え間ない刈り込み、取り扱い、試練、精錬が 

常に私と共にあったおかげで 私は変わった

甚大な神の恵みに私は報いていなかった

罪責感に満たされて 神の顔を見ることができない

神の恵みを得て 心から感謝している

残りの日々をより大切にしようと思う

今度こそ 神のために生き 

神に栄光を帰し神を証しする誠実な人になりたいと願う

誠実な心を神に捧げ 

神の愛に報いるために本分を尽くしていこうと思う

前へ: 251 神を愛する機会を大切に

次へ: 253 私は神が満足されることだけを求めます

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索